食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

温泉地で景色を楽しみながら散歩しよう ~鬼怒川編~

旅行に出かけたら、温泉でゆっくり過ごすのも良いですが、美しい景色を楽しみながらのんびりと歩いてみるのも良いものです。
都会の喧騒を離れて大自然の中を歩くのは、良い気分転換にもなるはずです。

糖尿病など生活習慣病の患者さんにとって、散歩はちょうどよい運動になります。
今回は、日光・鬼怒川温泉の散歩コースを「電車でハイキング」(http://www.tobu.co.jp/playing/hiking/shizen/ryuokyo/)よりご紹介します。
大迫力の自然の景観を楽しみながら、心身ともにリフレッシュしましょう。

鬼怒川温泉とは?

鬼怒川温泉は、栃木県日光市の鬼怒川上流にある温泉地で、鬼怒川の西岸にある滝温泉と東岸にある藤原温泉を合わせて指す名称です。
江戸時代は、日光詣から帰る大名や僧侶たちのみが利用することのできる温泉でしたが、明治時代に一般の人にも開放されると、次第に温泉街として発展していきました。
現在では、1年間に200万人もの観光客が訪れる大人気スポットとなっています。

周囲には鬼怒川ライン下り、東武ワールドスクウェア、日光江戸村などといったテーマパークも多くあり、大人から子どもまで家族みんなで楽しめる観光地です。

ハイキング初心者にもおすすめ!龍王峡コースハイキング

今回ご紹介するのは、鬼怒川温泉付近で最もポピュラーなハイキングコース、龍王峡です。
それほど起伏も多くなく、遊歩道が整備されているため、3時間ほどののんびりとしたハイキングを楽しむことができます。龍がのたうつような形に侵食された景観は、まさに圧巻!

まずは龍王峡駅からスタート。白龍ガ淵の景観を楽しむ。

会津鬼怒川選の龍王峡駅から、7kmにわたるハイキングがスタートします。
白龍ガ淵は白っぽい流紋岩が多く、その風景が真っ白な龍を思わせることから命名されました。

↓ 10分ほど歩いて虹見の滝へ
滲みの滝

(画像出典:http://blog.livedoor.jp/kaz823ad/archives/51388548.html)

太陽の光を浴びると虹が架かることから「虹見の滝」と名づけられたそうです。晴れた日にはきっと美しい虹の架橋が見られるはず!
近くには、虹見の滝とは全く趣の異なる「竪琴の滝」もあります。迫力では虹見の滝の方が勝りますが、こちらも静かな雰囲気が魅力的な滝です。

↓ さらに歩いて、青龍ガ淵へ。

今度は青い龍です。緑色の凝灰岩が岩を青く見せているのだとか。

↓ 五竜王神社にお参り

鬼怒川温泉と川治温泉の守り神、龍神様が祀られています。
学問、人生開運、産業、五穀豊穣などにご利益があるとのこと。
神社からも虹見の滝を眺めることができ、まさに絶景の渓谷を楽しむことができます。

↓ むささび橋を通って、紫龍ガ淵へ。

むささび橋からは、白龍ガ淵と青龍ガ淵の両方を展望することができます。
龍の形に伸びる龍王峡の美しさを一目で堪能できるスポットです。
たくさん歩いてそろそろ疲れてきたな…なんて思ったら、橋のたもとのむささび茶屋で一服することもできます。
橋を越えると見えてくるのは紫龍ガ淵。
今度は、紫色の安山岩が、紫龍を思わせる風景を作り出しています。

むささび

(画像出典:http://r.gnavi.co.jp/jgrv1b1g0000/)

しっかりと準備をして、ハイキングを楽しもう

初心者向けのコースとはいっても、3時間にわたるハイキングコースです。
今回ご紹介したコースのうちの一部を楽しめるような短時間のコースもありますし、自分の体調や体力と相談しながら、無理のないハイキングを楽しみましょう。
また、くれぐれも水分補給は忘れずに。万全の準備をして、美しい風景を思いっきり楽しんでください。

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner