食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

アイスのカロリーは、どれだけの運動で消費できる?!

暑い夏場のアイスキャンディーや、冬のこたつで食べるアイスクリーム。
1年を通してアイスファンの人も多いのではないでしょうか。
糖尿病の食事療法を行っている方の場合には、アイスは嗜好品なのでもちろん食べ過ぎは良くありません。
しかしそうは言っても、冷たいアイスが恋しくなることもあると思います。

そんなときのためにも、自分の1日の指示エネルギー(摂取カロリー)とアイスのカロリーや栄養成分を把握しておきましょう。
食べる場合には、適切な量を守ることが大切です。

運動療法の目的は、あくまで血糖コントロールと合併症を防ぐこと

また一般的に、どのくらいの運動でどのくらいのカロリーが消費できるのかを知っておくことも大切です。
しかし、糖尿病における運動療法の本来の目的は、摂り過ぎたカロリーをなかったことにすることではありません。
あくまで血糖コントロールと合併症を防ぐためのものなので、嗜好品によって1日の指示エネルギーを越えることがないように十分に注意しましょう。

アイスの種類とカロリー

アイスには乳固形分と乳脂肪分によって、種類が分けられます。
アイスの袋やカップには「種類別」として下記の4つの種類が必ず表記されています。
もちろん食べる量にもよりますが、同じ重量で比べると、脂肪分が多い順にカロリーが高いので1のアイスクリームが最もカロリーが高く、4の氷菓が最もカロリーが低くなります。
(一般社団法人日本アイスクリーム協会)

◆アイスの種類
1.アイスクリーム 乳固形分15.0%以上、うち乳脂肪分8.0%以上
2.アイスミルク  乳固形分10.0%以上、うち乳脂肪分3.0%以上
3.ラクトアイス  乳固形分3.0%以上
4.氷菓      上記以外のアイス
  ※氷菓は、果汁などを凍らせたアイスキャンディー、シャーベットなど

定番、人気アイスのカロリーは?

コンビニなどで買える定番アイスのカロリーを見てみます。
食べる前に、1個あたりの内容量やカロリーをよくチェックするよう心がけましょう。
また最近では「カロリーコントロールアイス」など、カロリー制限をしている人のための商品も発売しているので、そういったものを上手く利用するのも良いですね。

運動ではどのくらいのカロリーが消費できる?

次に、厚生労働省が発表している運動強度の単位「メッツ」を用いて、運動による消費カロリーを比較してみましょう。

◎メッツを用いた消費カロリーの計算方法
消費カロリー(kcal) = メッツ × 時間(h)× 体重(kg)× 1.05

◆体重60kgの人が、30分運動した場合の消費カロリー目安

運動による消費カロリーは大きくない。摂取カロリーを守って食べることが大切

上の表の30分間の運動による消費カロリーと各アイスのカロリーを見比べても分かる通り、運動による消費カロリーは決して大きなものではありません。
カロリーの高いアイスクリームや食べ過ぎには要注意です。

半分だけ食べる、果汁の多い氷菓にする、カロリーコントロールされたものを選ぶ、などを心がけましょう。

糖尿病の食事療法・運動療法で大切なことは、1日の摂取カロリーをきちんと守り、その上で継続した運動を続けていくことです。
嗜好品も楽しみつつ、適切な食事療法・運動療法を続けていきましょう。

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

BannerBanner
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner