食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

我慢は禁物!適切なエネルギー範囲内でのストレスのない食生活

糖尿病や肥満を予防する食事量とは?

1日に必要なカロリーは、年齢や性別、体格、運動量によって、一人ひとり異なります。治療している方は医師から指示されるエネルギー量があり、それを守ることが大切です。

医師の指示がない場合には、自分に合った適切なエネルギー量を知っておくことが大切です。以下に、簡単に計算できる自分に合った適切なエネルギー量の計算式をご紹介します。

エネルギー摂取量=標準体重(身長m×身長m×22)× 身体活動量※

※身体活動量(体を動かす程度によって決まるエネルギー必要量)の目安
軽労作    デスクワークが主な人・主婦など:25~30kcal
普通の労作  立ち仕事が多い職業:30~35kcal
重い労作   力仕事の多い職業:35kcal~

例:身長160cmの人でデスクワークの人
エネルギー摂取量=(1.6×1.6×22=56.32kg)×25~30kcal=約1400~1700kcal

もちろん、適切なエネルギー摂取量の範囲内で、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素をバランスよくとることも重要です。
糖尿病患者さんや予備群の方は、糖質を摂りすぎないよう注意しましょう。

適切なエネルギー摂取量を守り続けるために

日々の生活では、家族や友人と食卓を囲んだり、お茶の時間に甘いものを食べることもあります。

甘いものを我慢しすぎてストレスを溜めるよりも、適切なエネルギーの範囲内で間食を摂った方が、セロトニンという幸せホルモンが分泌され、ストレスからの過食を防ぐことがわかっています。

けれども、ケーキやクッキー、チョコレート、スナック菓子などの間食は、糖質糖分と脂肪が多く高カロリーのものがほとんどです。また、砂糖などが多く含まれる炭酸飲料やコーヒー飲料を選ぶとさらにカロリーや糖質が増えてしまいます。

間食を食べる場合は、好きなだけ食べてしまうのではなく、摂取カロリーや量を決めて上手につきあっていきましょう。また、間食の量や回数を減らすのではなく、間食の中身を変えるという工夫も有効です。

適切なエネルギー量を守りながら、ストレスのない食生活を楽しみましょう。

1 2 3

糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner