【医師監修】食事療法で重要視される「カーボカウント」とは?

エネルギー源となる炭水化物

炭水化物は炭素と水素の化合物で、タンパク質と糖質と並ぶ三大栄養素の1つです。炭水化物の種類には、体内に取り入れられてエネルギー源となる糖質と、体内の消化酵素では消化できない食物繊維があります。さらに糖質は、単糖類と二糖類、多糖類に分類されます。

炭水化物の不足はエネルギー不足をまねき、疲労感や集中力の減少が生じます。また、単糖類の1つであるブドウ糖は、脳や神経で充分に供給されないと、意識障害を起こす可能性があります。

炭水化物は生きていく上で欠かせない栄養素です。しかし、逆に炭水化物を過剰に摂取した場合は、エネルギーとして消費されなかった糖質が中性脂肪という形で蓄積されます。そのため、炭水化物を摂り過ぎると、肥満や生活習慣病のリスクが高くなってしまいます。

糖尿病診療ガイドライン2016では「炭水化物の摂取量と糖尿病の発症率の関係については、一定の見解が得られていない」と書かれています。ですがその一方で、単糖類の1つである果糖(フルクトース)に関しては「過剰の摂取は、血中中性脂肪や体重の増加をきたす懸念がある」、二糖類の1つであるショ糖については「ショ糖を添加したジュース類は、糖尿病やメタボリックシンドロームのリスクを増加させる」など、炭水化物のリスクを示しています。

1 2 3

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変