【医師監修】生活習慣病の改善に期待。ビッグデータが示す保健指導の効果とは

ビッグデータ

現在、代表的な生活習慣病である糖尿病患者さんの数は約317万人、脂質異常症は約147万人、高血圧は約677万人にものぼり、増加の一途をたどっているといわれています。こういった生活習慣病は動脈硬化を進め、深刻になると心疾患や脳血管疾患といった重大な症状の発症につながります。

国民の健康への意識向上につながる方法を探り、生活習慣病を防ぐために、国立研究開発法人 国立循環器病研究センター(以下・国循)が日本の大規模な制度である特定検診・特定保険指導制度(以下「本制度」)の効果を調べました。この研究では、厚生労働省が蓄積するビッグデータが用いられました。

今回はビッグデータを活用することで、生活習慣病の予防や改善につながる効果が証明された事例として、国循が実施した研究の内容を紹介します。

1 2 3

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変