指に違和感を覚えたら要注意!? 「ばね指」とは

ばね指の治療法

では、ばね指の症状が出た場合はどの科に行けば良いでしょうか。糖尿病がきっかけでばね指になった場合でも「整形外科」の医師に相談するとよいでしょう。

腱鞘炎や手根管症候群、肘部管症候群などと診断されることが多いそうなので、ネットでご自身が暮らしている地名とこの診断名を入れて検索してみると、最適な病院が見つかるかもしれないので、チェックしてみてください。

ばね指は治療すると良くなる、または完治することが期待できるものですが、一方で放置してしまうと症状が進んでしまいます。悩んでいるよりも行動することが重要です。すでに内科で糖尿病の治療を進めている患者さんであれば、かかりつけの医師に紹介してもらうと良いでしょう。

ばね指の治療は投薬や注射による人体に傷をつけない保存的療法をとることが多いそうです。ただ、一定期間が経過してから再発する場合もあるので、その際は腱鞘の一部を切開して手術するケースもあります。整形外科でも手を専門にしている医師もいますので、まずは調べてみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか? もし指に違和感を覚えるようでしたら、早めに医師に診てもらいましょう。

参照・参考
「ばね指(弾発指)」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる
糖尿病 Q&A詳細|アステラス製薬|なるほど病気ガイド
「デュピュイトラン拘縮」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる

1 2 3

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変