「こまがね健康ステーション」の取り組みを参考に、積極的に運動を

目安に応じた中強度運動の実践を

こまがね健康ステーションは、1日の歩数と「中強度」の活動(なんとか会話できるくらいの速歩き)に注目し、健康長寿の向上を目指す取り組みです。駒ヶ根市のウェブサイト内にある、こまがね健康ステーションを紹介しているページでは、運動の参考として、1日の平均歩数と中強度活動時間による病気予防の目安を紹介しています。

ここに掲載されている平均歩数と平均中強度活動時間は、以下の通りです。

・脳卒中・心疾患・認知症 平均歩数5,000歩 平均中強度活動時間7.5分
・がん・動脈硬化・骨そしょう症 平均歩数7,000歩 平均中強度活動時間15分
・高血圧・糖尿病・脂質異常 平均歩数8,000歩 平均中強度活動時間20分
・メタボリックシンドローム 平均歩数10,000歩 平均中強度活動時間30分

このサイトでは長寿に関わる遺伝子(長寿遺伝子)にも着目しており、1日トータル20分の中強度の活動を2ヶ月間継続すると、普段は眠った状態の長寿遺伝子のスイッチが入ると説明しています。こうしたさまざまな情報を紹介した上で、以下の実践のポイントを紹介しています。

1.まずは、自分の歩数と中強度活動時間を知りましょう!
2.そして、自分にあった目標歩数を決めましょう!
3.大事なことは「外出する」ことです!
4.設定した目標値を毎日達成する必要はありません!
(1週間、1ヵ月、3カ月(季節ごと)の単位で、平均歩数と中強度活動時間が目標値に達していればOKです。最終的に1年間で帳尻を合わせることができれば合格です)
5.せっかくスイッチが入った「長寿遺伝子」も、やめてしまうとスイッチが切れてしまいます。コツコツと長く続けていくことが健康長寿の秘訣です!

こまがね健康ステーションの取組みは、自分の歩数と中強度活動の時間を把握し、継続することの重要性にもとづいています。駒ヶ根市が掲載している情報を参考にして、必要な運動を続けましょう。この習慣を定着させることが、健康の維持や改善につながります。

参照・参考
駒ヶ根市 アルプスがふたつ映えるまち: 活動量計を持とう!こまがね健康ステーションの紹介
Nagano Nippo Web » 駒ケ根健康ステーション グループ登録増加
Nagano Nippo Web » 活動量をスマホで 駒ケ根の健康ステーション

1 2 3

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変