食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】ウォーキングをもっと楽しむ!「ウォークラリー」の魅力

ウォークラリーとは?

ウォークラリーとは4人~6人のグループを組み、コース図に示されたチェックポイントをたどりながらゴールを目指す競技です。規定時間と実際にゴールした時間との差異による「時間得点」と、コース途中で出される課題をクリアすることによって得られる「課題得点」の合計によって順位を競います。
もっともシビアなレースではなく、課題に取り組みながら歩くことそのものを楽しめる、余裕のある競技だといえます。課題はウォークラリーが開催される地域に関連の深いものである場合が多く、その土地の歴史や自然について深く知ることができる魅力もあります。また、グループでゴールを目指すため、チームプレイの魅力も味わうことができます。

「歩いて学ぶ糖尿病ウォークラリー」

日本糖尿病協会では毎年、ウォークラリーを通じて糖尿病についてより詳しく学ぼうとするイベントを開催しています。「歩いて学ぶ糖尿病ウォークラリー」です。

このウォークラリーは糖尿病の患者さんとその家族・友人が参加し、コース内で糖尿病に関するクイズを解いたり、ポイントで血糖値を測定したりしながらゴールを目指すものです。2016年には、厚生労働省が主催する「第5回健康寿命をのばそう!アワード」厚生労働省健康局長優良賞を受賞しました。

このウォークラリーは1か所だけでなく、北海道から九州・沖縄に至る各地で、さまざまな時期に開催されています。
近くで開催されるラリーがあれば、ぜひ一度、参加してみてはいかがでしょうか。

2018年、関東近郊の「歩いて学ぶ糖尿病ウォークラリー」は、主に9月~10月の開催が予定されています。
・東京都開催:9月23日(日)水元公園
・千葉県開催:9月30日(日)千葉市青葉の森公園
・群馬県開催:10月14日(日)大室公園
・栃木県開催:10月28日(日)足利フラワーパーク
公益社団法人日本糖尿病協会Webサイトより

1 2 3

効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner