【医師監修】注射する部位、変えていますか?~皮膚病変「リポハイパートロフィー」を予防しよう

リポハイパートロフィーとは?

1日に数回の頻度で行われることもあるインスリン注射。慣れてくると、打ちやすい部位に固定化されがちになります。
しかし同じ個所に注射を繰り返すと、皮下組織が炎症を起こしたり、皮膚硬く盛り上がることがあります。

「リポハイパートロフィー」は脂肪細胞が肥大化し、こぶ状になって硬化した状態をいいます。
1型糖尿病患者さんの30~50%、2型糖尿病患者さんの4~5%に発症しているという報告もあり、インスリン注射を行う方の多くがかかりやすい病変だといえます。

よく似た症状に「インスリンボール」と呼ばれる状態があります。
こちらはタンパク質の一種であるアミロイドが沈着する「アミロイドーシス」の一種で、リポハイパートロフィーと同じく、皮膚にこぶ状の塊ができます。

こうした皮下腫瘤ができた箇所はインスリンの吸収が不安定になるため、注射をしても効き目が現れにくくなります。
さらにインスリンの分解が亢進されてしまい、血糖値が不安定にもなります。

皮膚の硬化が自覚されず、血糖コントロールの不全によってこれらの皮膚病変が発見されることもあります。
インスリン注射が効きにくいと感じたら、注射の習慣を振り返ってみましょう。

サイトローテーションのすすめ

インスリン注射の部位として推奨されているのは腹部になり、自己注射はほとんど腹部です。
これらのうち特定部位に注射を繰り返すのではなく、毎回注射部位をずらしていくことを「サイトローテーション」といいます。

インスリンの効果を一定にするために注射する部位はあまり変えないように言われています。毎回2〜3cmずつ位置をずらして注射してくださいと指導しています

ついつい、あまり痛くない場所に注射しがちになることにもご注意ください。
特に皮膚が硬化していると、痛みを感じにくくなります。

1 2 3

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変