「体に悪い」はもう古い?! 健康志向のスナック菓子

食べだしたら止まらない! スナック菓子の問題点

スナック菓子、特に袋に入った製品は、袋を開けて食べだしたら止まらなくなってしまう傾向があります。特にパソコンやテレビなどを観ながら食べる「ながら食べ」をすると、無意識のうちに食べ過ぎてしまいがちです。また、ほとんどのスナック菓子は、糖分・脂肪分・塩分を多く含んでいます。糖尿病患者さんにとって、1日の間食の目安は、80kcal程度が適量ですが、高カロリーのスナック菓子を食べ過ぎると、この目安量よりもオーバーしてしまいます。もちろん、糖尿病ではない方にとっても、摂り過ぎは厳禁です。

しかし、間食には気分転換や生活にうるおいを与える役割もあります。無理にがまんするよりも上手に食べる工夫が大切になってきます。たとえば、食べ過ぎないように小分けになった商品を選ぶ、ノンフライ製法など低カロリーのスナック菓子を選ぶ、スナック菓子と一緒に摂取する飲み物は無糖のお茶や紅茶やコーヒーにする、といった工夫が考えられます。

1 2 3

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変