【医師監修】まぶしいところで眠るのはNG?「明るさ」から睡眠環境を考える!

強い光は「メラトニン」の分泌を抑制する!

人間の1日のリズムは体内時計を司る仕組みによって、おおよそ24時間周期に調整されています。
この仕組みに大きく関わるホルモンが、脳の松果体から分泌される「メラトニン」です。

メラトニンは眠りにつく夜間には活発に分泌され、睡眠を促します。
一方、起きて活動する日中にはメラトニンの分泌がおさえられます。

しかし、夜になってもこうこうとした光がついているとメラトニンの分泌は抑制され、眠りが妨げられてしまいます。
これでは眠りと覚醒のリズムが崩れてしまいかねません。

体内時計を調え、健やかな眠りを確保するためにも、就寝前には強い光を避け、眠るためのコンディションをゆっくり調えることが大切です。

参照・参考
Morning and Evening Blue-Enriched Light Exposure Alters Metabolic Function in Normal Weight Adults
メラトニン | e-ヘルスネット 情報提供
体内時計 | e-ヘルスネット 情報提供
睡眠関連ホルモンの計測

1 2 3

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変