【医師監修】糖尿病患者さんは膀胱炎にかかりやすい?「神経因性膀胱」とは

膀胱炎ってどんな症状?

膀胱炎は細菌によって起こる尿路感染症のひとつです。主な症状としては頻尿や排尿するときの痛み、トイレに行った後にも続く残尿感があげられます。30分~1時間に1回程度と、そもそも排尿の回数が格段に増えるのですが、トイレに行っても行っても尿を出し切れていない違和感が残るため、なかなかトイレから離れられなくなることもあります。また、尿が白くにごったり、時に血尿が出ることがあります。

膀胱炎はどうして起こる?発症のメカニズムとは

膀胱炎を引き起こす原因菌としてもっとも多いのは大腸菌であると言われています。腎臓でこしだされた尿は尿管を通って膀胱に一時的に貯められ、その後尿道を経て排泄されます。通常はここで尿と一緒に排出される大腸菌が、排尿のとどこおりによって膀胱内にたまってしまい、粘膜に炎症を引き起こすのです。炎症が重く、粘膜が出血すると尿に血が混じります。

体内を通ってきた大腸菌だけでなく、尿道の出口から逆に体内に侵入してきた細菌が炎症の原因になることもあります。逆流した細菌が腎臓と尿管をつなぐ腎盂にまで達すると、発熱を伴う腎盂炎を発症することがあります。一般的に女性は男性に比べて尿道が短く、外部から入った細菌がたやすく膀胱に到達してしまうため、特に注意が必要です。

膀胱炎を発症すると排尿時の痛みのためにトイレに行くのが怖くなり、水分をとるのを控えてしまいがちになります。しかし排尿がなされないと膀胱に細菌が蓄積されてしまいますから、水分を控えるのは逆効果です。痛みが辛くてもきちんと水分をとり、トイレに行くようにしましょう。

1 2 3

注目記事

もっと見る
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変