【医師監修】いずれは糖尿病もオーダーメイド治療、その遺伝子とは

日本人の2型糖尿病に関係した遺伝子

日本人の2型糖尿病に関係している遺伝子が、2008年に理化学研究所から発表されました。それはKCNQ1という遺伝子で、この解析には2型糖尿病5,149人と健常人4,176人の比較で解明されました。
でもKCNQ1とはなに、この遺伝子がどうなると2型糖尿病になるのか、わからないのが一般的です。

そこでこの遺伝子が2型糖尿病にどのように関係しているか簡単に解説します。
まず膵臓のβ細胞からインシュリンが分泌される仕組みがわかれば、KCNQ1遺伝子の意味がわかります。

インスリンが分泌されるためには、われわれが食事をするとブドウ糖が身体のなかに入り、続いて膵臓のβ細胞の中に入ります。そうするとカリウム(イオン)がβ細胞の外に出られなくなり、かわりにカルシウム(イオン)が入ってきます。そうするとカルシウム(イオン)がインスリンの入った袋を外に出してくれるのです。こうしてインスリンが分泌されます。
ところがKCNQ1の変異をもつ人は、この遺伝子が細胞から出られなくなったカリウム(イオン)を外に出してしまうのです。つまりカルシウム(イオン)がβ細胞に入ってこれなくなりインスリンが分泌されなくなるのです。

このようなKCNQ1の変異をもつ糖尿病患者さんは、2型糖尿病の2割といわれています。

また、糖尿病に関係する肥満でも、リスクになる遺伝子が発見されています。それは「β3アドレナリン受容体」遺伝子と呼ばれています。

しかし、このような糖尿病に関係する遺伝は、まだまだ発見されていません。

1 2 3

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変