【医師監修】いずれは糖尿病もオーダーメイド治療、その遺伝子とは

糖尿病に関係する遺伝子が実用化になるのか

現在、ゲノム治療が実施されているのは、主にがん治療になります。発見されている遺伝子は、肺がんでEGFR遺伝子、乳がんでHER2、血液がんでフィラデルフィア染色体などです。これらは分子標的薬という薬剤がありますが、1,500種類ぐらいの中から選ばれたもので10年くらいの開発期間がありました。
つまり2型糖尿病のオーダーメイド治療には、もう暫く時間がかかることになります。

参照・参考
2 型糖尿病に関連する遺伝子「KCNQ1」を発見
Diabetes Care. 2001 Sep;24(9):1579-83.
国立がん研究センター がん情報サービス

1 2 3

注目記事

もっと見る
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第7回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変