シャキシャキおいしい!「ずいき」を夏はさっぱりヘルシーに楽しもう!

ずいきに含まれる栄養素や働きをご紹介

ずいきは「糖尿病食事療法のための食品交換表」では表6に分類されている淡色野菜です。野菜は、緑黄色野菜など、いろいろとりあわせて一日に350g以上を朝昼夕に分けて食べましょう。

ずいきは食物繊維が豊富なので便秘の予防にもいいですし、よく噛んで食べるので食べ過ぎを防ぐためにも役立ちます。また、高血圧予防に役立つカリウムや、骨をつくるカルシウムも多く含まれています。

シャキシャキの食感とさっぱりした味わいが持ち味のずいきは酢の物や和え物、おひたしなどの料理が定番ですが、炒め物や煮物などの食べ方もおいしいですよ。油や砂糖を多く使わないさっぱりした料理ならカロリーをコントロールしたいときにもよいでしょう。

食感や味わいを楽しみながら、旬のずいきをさまざまな料理でおいしく頂きたいですね!

 

小泉明代小泉明代(こいずみあきよ)

女子栄養大学卒業後、管理栄養士免許取得。
医療機関での栄養指導、保健指導などや、小学校での給食管理、食育などを行った後、フリーランスとして活動を開始。
現在は企業のアドバイザーやレシピ作成、食に関するライティングなどを行っている。

1 2 3

注目記事

もっと見る
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第7回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変