夏の青菜、つるむらさきを色々な料理で楽しもう!

つるむらさきはビタミンやミネラルが豊富な夏の青菜!

夏に青菜が食べたくなったらつるむらさきはいかがでしょう。ほうれん草や小松菜などと同じようにβカロテンが豊富な緑黄色野菜で、他にもビタミンやミネラルなどが多く含まれている栄養価の高い野菜です。今回はそんな旬のつるむらさきについてご紹介します。

つるむらさきの歴史、栄養価って?

つるむらさきはツルムラサキ科の東南アジア原産の野菜です。その名前の通り、つるが紫色のものがありますが、全体が緑色の品種のほうが食味がよいとされ、国内で流通するものは緑色の品種が主流となっています。
つるむらさきはインドやマレーシア、ベトナム、中国南部などで古くから食べられていて、日本でも平安時代の書物に登場しています。ただ、この頃に渡来していたかどうかは不明で、江戸時代には伝わっていたと考えられていますが、野菜として一般家庭に広まったのは1970年代以降と、最近になってからです。
食用にする部分は葉と茎で、モロヘイヤに似たぬめりがあります。
現在ではハウス栽培も行われていますが、多く出回る時期は6~10月頃で旬は夏になります。

つるむらさき(生)の可食部100g当たりの主な栄養価は以下です。

エネルギー 13kcal
水分 95.1g
たんぱく質 0.7g
脂質 0.2g
炭水化物 2.6g
カリウム 210mg
カルシウム 150mg
鉄 0.5mg
亜鉛 0.4mg
βカロテン 2900㎍
αトコフェロール 1.1mg
ビタミンB1 0.03mg
ビタミンB2 0.07mg
ナイアシン 0.3mg
ビタミンB6 0.09mg
葉酸 78㎍
パントテン酸 0.21mg
ビタミンC 41mg
水溶性食物繊維 0.6mg
不溶性食物繊維 1.6mg
食物繊維総量 2.2g     など
(参照:食品成分データベース/文部科学省)

1 2 3

注目記事

もっと見る
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変