食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】舐めすぎには要注意!のど飴との上手な付き合い方とは?

気になる「のど飴」の栄養成分は?

ではこののど飴、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
主要な「のど飴」をピックアップしてご紹介します。

・VC3000のど飴(1粒3.8g)

エネルギー:8.5kcal
たんぱく質:0.01g
脂質:0.01g
炭水化物:3.72g
ナトリウム:1.67mg

・はちみつきんかんのど飴(1粒3.8g)

エネルギー:14.8kcal
たんぱく質:0g
脂質:0.02g
炭水化物:3.68g
ナトリウム:0mg

・ノンシュガー果実のど飴(1粒4.3g)

エネルギー:9.3kcal
たんぱく質:0g
脂質:0g
炭水化物:4.26g
ナトリウム:1.2mg

・e-maのど飴グレープ(1箱33g)

エネルギー:128kcal
たんぱく質:0g
脂質:0g
炭水化物:32.6g
ナトリウム:0mg

並べてみると、同じ一粒でも、カロリーに違いがあることがわかります。
糖尿病の食事療法をしている方は、たかが飴ひと粒と思わず、成分をチェックした方が良いでしょう。

のど飴を選ぶときは添加物もチェック

のど飴には、人工甘味料が使われている場合があります。
人工甘味料は、砂糖よりも低カロリーで血糖値への影響が少なく、上手に使えば血糖コントロールに役立ちます。しかし、かといってとりすぎは禁物です。

例えば、人工甘味料のサッカリンの過剰摂取は、腸内細菌を変化させて、耐糖能異常を起こす可能性があるという研究結果が、イスラエルのワイツマン科学研究所の研究チームによって報告されています。

何事もバランスが重要です。ついつい食べてしまうのど飴ですが、普段の食生活と同様、頻度と量のバランス調整に気をつけて、上手に付き合っていきましょう!

1 2 3

糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner