アクティブ・フォー・オール拠点が行うロコモ予防の取り組みとは?

アクティブ・フォー・オール拠点による取り組みの一例

アクティブ・フォー・オール拠点は「少子高齢化先進国としての持続性確保」「豊かな生活環境の構築(繁栄し尊敬される国へ)」「活気ある持続可能な社会の構築」という3つのテーマを目的に掲げ、立命館大学や順天堂大学、東洋紡績(株)などの8つの企業や研究企業が中心となって組織された連合チームの名称です。寝たきりゼロを目指して、運動と医療の両方の側面から健康の維持と増進につながるさまざまな取り組みを行っています。

そのため、アクティブ・フォー・オール拠点ではACTIVE5のほかにもさまざまな活動を進めています。

例えば、日本科学未来館では2017年の6月22日から11月22日にかけて「アクティブでいこう!ものぐさ→アスリート化計画」という展示を行っています。ここでは「心衣(こころも)」「音玉(おとだま)」「音扇(おんせん)」「音的(おとまと)」「おえかきんでん」と呼ばれる展示が行われ、テクノロジーを通して体を動かすことの重要性や楽しさが実感できる内容になっています。

また、アクティブ・フォー・オール拠点では、健康寿命をのばすアクティブ情報誌「ACTIVE」の刊行を行っています。ACTIVEは現在vol.2まで刊行されており、アクティブ・フォー・オール拠点の公式ウェブサイトを通して閲覧できるようになっています。ロコモ予防に向けた運動の大切さや、そのための取り組みについて理解を深められる内容となっているので、目を通すことをおすすめします。

今回はアクティブ・フォー・オール拠点の取り組みについて紹介しましたが、ここで取り上げた内容は多岐にわたる活動のごく一部です。情報誌「ACTIVE」には他にもさまざまな活動が紹介されており、参考にするとロコモ対策に役立てられます。

長く健康的な生活を送るためには、糖尿病の治療や予防とあわせて、ロコモの進行に備えることが大切です。その一環として、アクティブ・フォー・オール拠点の取り組みに注目しましょう。

参照・参考
運動の生活カルチャー化により活力ある未来をつくるアクティブ・フォー・オール拠点│ロコモ予防運動「ACTIVE 5」公開!@JSTフェア
順天堂大学│ロコモ予防・改善のための健康・医療イノベーション-ロコモの見える化と予防により寝たきりゼロへ-
厚生労働省│健康日本21

1 2 3

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変