治療と予防コラム

アクティブ・フォー・オール拠点が行うロコモ予防の取り組みとは?


アクティブ・フォー・オール拠点による取り組みの一例

アクティブ・フォー・オール拠点は「少子高齢化先進国としての持続性確保」「豊かな生活環境の構築(繁栄し尊敬される国へ)」「活気ある持続可能な社会の構築」という3つのテーマを目的に掲げ、立命館大学や順天堂大学、東洋紡績(株)などの8つの企業や研究企業が中心となって組織された連合チームの名称です。寝たきりゼロを目指して、運動と医療の両方の側面から健康の維持と増進につながるさまざまな取り組みを行っています。

そのため、アクティブ・フォー・オール拠点ではACTIVE5のほかにもさまざまな活動を進めています。

例えば、日本科学未来館では2017年の6月22日から11月22日にかけて「アクティブでいこう!ものぐさ→アスリート化計画」という展示を行っています。ここでは「心衣(こころも)」「音玉(おとだま)」「音扇(おんせん)」「音的(おとまと)」「おえかきんでん」と呼ばれる展示が行われ、テクノロジーを通して体を動かすことの重要性や楽しさが実感できる内容になっています。

また、アクティブ・フォー・オール拠点では、健康寿命をのばすアクティブ情報誌「ACTIVE」の刊行を行っています。ACTIVEは現在vol.2まで刊行されており、アクティブ・フォー・オール拠点の公式ウェブサイトを通して閲覧できるようになっています。ロコモ予防に向けた運動の大切さや、そのための取り組みについて理解を深められる内容となっているので、目を通すことをおすすめします。

今回はアクティブ・フォー・オール拠点の取り組みについて紹介しましたが、ここで取り上げた内容は多岐にわたる活動のごく一部です。情報誌「ACTIVE」には他にもさまざまな活動が紹介されており、参考にするとロコモ対策に役立てられます。

長く健康的な生活を送るためには、糖尿病の治療や予防とあわせて、ロコモの進行に備えることが大切です。その一環として、アクティブ・フォー・オール拠点の取り組みに注目しましょう。

参照・参考
運動の生活カルチャー化により活力ある未来をつくるアクティブ・フォー・オール拠点│ロコモ予防運動「ACTIVE 5」公開!@JSTフェア
順天堂大学│ロコモ予防・改善のための健康・医療イノベーション-ロコモの見える化と予防により寝たきりゼロへ-
厚生労働省│健康日本21

1 2 3

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

糖尿病とうまくつきあう

糖尿病ニュース

座りっぱなしは健康への悪影響が!立ち上がって運動を

みなさんは1日の中でどのくらい座って過ごしていますか? 体をあまり動かさない座ったままの時間が長いと、血液がドロドロになり、動脈硬化が進みやすくなるおそれがあるという研究が発表されました。 詳 ...

健康的な生活は朝食から!動脈硬化の予防にもつながる!

忙しいとついつい抜いてしまいがちな朝食ですが、健康のためにはしっかり食べる事が重要です。 朝食を抜く習慣のある人は、朝食をしっかり食べる習慣のある人に比べ、動脈硬化を発症する可能性が2倍に高まるとい ...

その他の記事

適切な治療を阻む残薬問題。糖尿病との関わりは?

近年では、患者さんが多くの薬を飲み残す「残薬」が、適切な治療や医療費の削減等の観点から問題視されています。 2017年11月14日、日本イーライリリー株式会社(以下、日本イーライリリー)は2型糖 ...

座り過ぎは糖尿病リスクを高める!? 立って過ごす時間を増やそう

デスクワークの仕事が多い方の中には、1日のうち長時間を座って過ごしているという方も多いのではないでしょうか。しかし、座っている時間が健康に与える悪影響を指摘する研究も多く存在します。座っている時間が長 ...

早食いを改めることで糖尿病リスクが低下? 食事にかける時間と健康の関係

食事は健康を維持する上で重要な要素であり、栄養バランスのとれた食事は糖尿病の食事療法においても基本です。しかし、食事の取り方までは意識していないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 食事 ...

買い物弱者は健康のリスクが高い。国が推奨する対策とは?

近年、買物環境の悪化に見舞われる「買物弱者」と呼ばれる人の数が増えています。この問題は多くのリスクを含んでおり、その1つとして健康状態の悪化が指摘されています。 日々の買物は食事の充実や生きがい ...

世界糖尿病デーの重要なテーマに。女性が糖尿病に注意しなければいけない理由は?

11月14日は、「世界糖尿病デー」です。これは、インスリンを発見したカナダのバンディング博士の誕生日を由来としており、1991年にIDF(国際糖尿病連合)とWHO(世界保健機関)によって制定しました。 ...

特殊構造のマットレスが糖尿病の治療に期待。睡眠の質と症状の関係は?

寝具ブランドのひとつ、「東京西川」は自社商品である特殊構造のマットレスを用いた共同研究を行い、糖尿病予防につながる効果が期待できることを明らかにしました。この研究で得られた結果は、睡眠の質が糖尿病のリ ...

一覧に戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP