【医師監修】インスリンを打ち忘れてしまった!そんなときは?

インスリン療法とは?

インスリン療法は注射によって足りないインスリンを外部から補うことで血糖のコントロールをはかる方法です。

インスリンを分泌する膵臓のβ細胞が壊れてしまい、自分ではインスリンを分泌できない1型糖尿病の患者さんにとって、インスリン注射は欠くことのできないものです。
また分泌の不全に加え、インスリンがうまく働かなくなっている2型糖尿病の患者さんのうち、経口薬だけでは血糖コントロールが十分でない場合にもインスリン注射が使われます。

注射されるインスリン製剤にはいくつかの種類があり、効果の現れ方や持続時間が異なります。

・超速効型インスリン製剤
作用発現にかかる時間:10~20分
作用が持続する時間:3~5時間
注射するタイミング:食事直前に皮下注射

・速効型インスリン製剤
作用発現にかかる時間:30分~1時間
作用が持続する時間:5~8時間
注射するタイミング:食事の30分前に皮下注射

・中間型インスリン製剤
作用発現にかかる時間:1~3時間
作用が持続する時間:18~24時間
注射するタイミング:朝食前30分以内に皮下注射

・持効型溶解インスリン製剤
作用発現にかかる時間:1~2時間
作用が持続する時間:1日
注射するタイミング:1日に1~2回、状態に合わせて皮下注射

超速効型インスリン製剤の作用の持続は3~5時間と短く、次の食事の時間にはほぼ作用が消失しています。
しかしその他の製剤は持続時間が長いため、次の食事時間や1日の活動への影響を考慮した方がよい場合があります。

打ち忘れに気づいたら

食事前にインスリンを打ち忘れてしまった!1回飛ばすべき?それともすぐに打っておくべき?
その判断は患者さんの病態や使われているインスリン製剤によって異なります。

次の食事の前まで打ち忘れに気づかなかった場合、思い出したからと2倍打つわけにはいきません。
打ち忘れの対応が問題になるのは食事中や食事の直後に気づいた場合です。

※ただし、自己判断の習慣化を推奨するものではありません。うっかり忘れたときの応急判断として参考にしつつ、医師と相談の上で対処してください。

・超速効型インスリン製剤を打ち忘れたとき
超速効型インスリン製剤は注射してすぐに作用が現れ、持続時間も短いため、打ち忘れに気づいたら食事中や食事の直後に打っても比較的影響は少ないといえます。

・速効型インスリン製剤を打ち忘れたとき
速効型インスリン製剤は注射してから作用が発現するまでに時間がかかり、ある程度の持続時間もあるため、打ち忘れたときには1回飛ばすという選択肢もあります。
食事の後に注射し、次の食事の前にいつも通りのタイミング・量の注射を行うと、インスリン量が多くなって低血糖を起こす可能性が高まってしまうからです。

・中間型・持効型インスリン製剤を打ち忘れたとき
持続時間の長い中間型・持効型インスリン製剤を打ち忘れた場合、1回飛ばすことは好ましくありません。
特に1型糖尿病の患者さんは、打ち忘れたからといって自己判断で中止してしまうと危険です。

1 2 3

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変