食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】インスリンを打ち忘れてしまった!そんなときは?

「打ち忘れ」をしないために

管理ノートやカレンダーに注射ごとのメモをとる習慣をつけておきましょう。
大きめのカレンダーを使い、食事の準備をするとき目につきやすい場所に設置しておくと、打ち忘れにも気づきやすくなります。

注射後の針をすぐに捨てず、1日分の注射と薬を「使用前」と「使用後」に分けて保管しておくのもひとつの手です。
「使用後」の分を見れば、打ち忘れがないかどうかをすぐに確認できます。

また、第三者の目は心強い味方です。
家族や身近な人とのコミュニケーションを日ごろから密にとり、打ち忘れがないかどうかを気軽に声かけしあいましょう。

参照・参考
ノボケアSmile
インスリン療法を知る | 糖尿病がよくわかるDM TOWN
糖尿病療養指導コース 第4回 薬物療法|世田谷区 三軒茶屋 内科 糖尿病 生活習慣病 神経内科 在宅医療 たけおクリニック
よくある質問(薬物療法) 赤池内科(赤池循環器消化器内科)
1型糖尿病ってどんな病気? | 糖尿病情報センター

1 2 3

糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner