食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】男性85cm・女性は90cm!「ウエスト周囲」はメタボリックシンドロームを診断する目安

メタボリックシンドロームとは

「メタボリックシンドローム」は、単に太っているというだけではなく、内臓肥満に高血圧・高血糖・脂質代謝異常のいずれかが組み合わさった状態をさします。こうした状態が特に危険視されるのは、心臓疾患や脳卒中といった重篤な疾患の引き金となる動脈硬化を引き起こしやすいためです。

日本におけるメタボリックシンドロームは、以下の基準によって診断されます。

ウエスト周囲が男性85cm以上/女性90cm以上であること(必須)に加え、下記1~3の項目のうち2つ以上を満たす場合
1. 高トリグリセリド血症 150mg/dl以上
かつ/または
低HDLコレステロール血症 40mg/dl未満
2. 収縮期(最大)血圧 130mmHg以上
かつ/または
拡張期(最小)血圧 85mmHg以上
3. 空腹時高血糖 110mg/dl以上

「ウエスト周囲」を基準にするわけ

メタボリックシンドロームの必須項目とされる「ウエスト周囲」は2005年に設置された診断基準です。

メタボリックシンドロームの判定基準は世界各国で異なります。日本の基準は蓄積された内臓脂肪の面積をもとにしたものです。日本肥満学会による調査の結果、合併疾患が増加する内臓脂肪面積の分水嶺は100㎠と判断されました。100㎠は10cm×10cmですから、大体成人の手のひら程度の面積です。意外に小さい感じもしますね。

この基準によれば、メタボリックシンドロームを診断するには内臓脂肪面積が100㎠以上であるかどうかをはかることとなります。正確な内臓脂肪の状態を見るにはCTスキャンが必要ですが、放射線を扱うCTスキャンには手間もコストもかかり、集団検診などで一気に多数を診断するには不向きです。そこで様々な要素が調べられた結果、内臓脂肪の状態と相関が高いものとして浮上したのがウエスト周囲でした。男性85cm、女性90cmという基準は、男女それぞれの内臓脂肪100㎠以上に該当します。

ちなみに国によっては内臓脂肪以外を基準としてメタボリックシンドロームを定めているため、同様にウエスト周囲を基準としていても、基準値は日本と異なります。例えばWHOの基準値は男性84cm以上・女性80cm以上とされています。また国際糖尿病連合の基準では男性90cm・女性80cmとされるものの、2009年にウエスト周囲を必須項目としない基準への変更がありました。

1 2 3

効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner