【医師監修】ウォーキング・水中ウォーキング・ランニング、 どの運動療法を選びますか

はじめての運動療法にはウォーキングがよいのか

運動療法をはじめるとき、運動は久しぶりだから継続しやすく強度ではないものと考える患者さんにとっては、屋外にウォーキングがもっとも取り組みやすいものになります。しかし、運動をはじめるならしっかりと体を鍛えたと考える患者さんには、ウォーキングはもの足りなさを感じることがあります。
そこで米国のローレンスバーグ国立研究所が研究したウォーキングとランニングとの糖尿病リスクの比較を紹介します。対象はランナー33,060人、ウォーカー15,045人で期間は6年です。結果は、ウォーキングとランニングの両方とも糖尿病リスクを抑制したが両者に大きな差がでなかったのです。つまりウォーキングは、はじめて運度療法を行う患者さんが取り組みやすい運動になります。

参考・参照

科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン 2013
国立国際医療センター糖尿病情報センター
「スポーツの実施状況糖に関する世論調査」 スポーツ庁
第49回日本理学療法学術大会 0703 金城大学小林ら
ScienceDaily. ScienceDaily, 4 April 2013

1 2 3

注目記事

もっと見る
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第7回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変