食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

海の貴婦人キスは柔らかな身と上品な味わいが魅力の夏の魚!

夏の料理に欠かせない!上品な味わいがおいしいキスを味わおう!

初夏から夏にかけての時期は産卵を控えたキスがおいしい時期です。柔らかな身と上品な味わいが魅力の白身魚で、夏の季語になるなど夏の料理に欠かせないと言われます。
今回はそんなキスの豆知識や栄養についてご紹介します!

キスのおいしい時期や食べ方、栄養価は?

キスはスズキ目キス科の魚でキス科にはホシギス、アオギスなどがいますが、一般にキスと言えばシロギスを指すことが多いようです。キスという名前は性質が素直で飾り気のないという「生直(きす)」が語源です。昔はキスゴと呼ばれており、語尾の「ゴ」が省かれてキスと呼ばれるようになりましたが、今でもキスゴと呼ぶ地域も多いです。
体長は20~30cm程度のものが多く、白く美しい外見などから「海の貴婦人」や「海の貴公子」「海の女王」などとも呼ばれるようです。

産卵前の初夏から夏にかけてが最も美味しく、旬の時期はだいたい5~8月頃となります。
天ぷら種としてよく知られていますが、刺身や塩焼き椀もの、酢じめ、一夜干しなどにしてもおいしい魚です。

きす(生)の可食部100g当たりの主な栄養価は以下です。

エネルギー 80kcal
水分 80.8g
たんぱく質 18.5g
脂質 0.2g
炭水化物 0g
カリウム 340mg
カルシウム 27mg
マグネシウム 29mg
鉄 0.1mg
亜鉛 0.4mg
レチノール 1㎍
ビタミンD 0.7㎍
ビタミンB1 0.09mg
ビタミンB2 0.03mg
ナイアシン 2.7mg
ビタミンB6 0.22mg
ビタミンB12 2.2㎍
パントテン酸 0.18mg
コレステロール 88mg
食塩相当量 0.3g     など
(参照:食品成分データベース/文部科学省)

1 2 3

効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner