治療と予防コラム

糖尿病の運動療法にも。クロスフィットのメリットとは?


2型糖尿病の治療につながるクロスフィットの効果は?

このクロスフィットの効果について、米国生理学学会(APS)が発行している医学誌「American Journal of Physiology」オンライン版では、2型糖尿病の治療への好影響を示唆しています。

この研究では、平均年齢53歳の2型糖尿病患者さん12人が対象となりました。対象となった人たちには医師のメディカルチェックを受けた上で、クロスフィットの認定トレーナーが作成した6週間のF-HITのプログラムを受けてもらいました。

運動の内容は毎週変更し、プログラムには参加者それぞれの最大目標心拍数の85%を上回る高強度の運動が1回含まれています。

参加者にはプログラムの前後に体脂肪率や体重の測定を行い、インスリンの分泌に関わるβ細胞の機能を知るための指標となる経口糖負荷試験、ASTやALTなどの肝機能検査、血中インスリン値、インスリン分泌能を知るためのCペプチド値などの検査を行いました。また、プログラムの2日目と最後の日には参加者の腹筋とスクワット、ローイングの繰り返し回数を記録して、体力やフィットネス能力の向上の度合いを調べました。

6週間のプログラム終了後、クロスフィットのトレーニングを行う前と後で比較を行ったところ「β細胞のインスリン分泌能の向上」「肝機能検査の数値の改善」「体脂肪率の改善」「体重の減少」などの効果がみられました。

この結果を受けて、研究者は「1日10~20分の高強度・短時間の運動を週に3回、6週間続けることで、2型糖尿病患者さんのβ細胞の機能を改善できる可能性があります」と述べ、クロスフィットの効果に期待を寄せています。

運動が大事だとは分かっていても、時間がとれずに充分な運動ができない糖尿病患者さんは少なくありません。短い時間でもプログラムが組めるクロスフィットは、さまざまな生活状況に対応できる効果的な運動といえるでしょう。運動療法の一つとして、医師などの専門家の指導を受けた上で、クロスフィットの導入を検討してはいかがでしょうか。

参照・参考
クロスフィットアジア│クロスフィットについて
リーボック公式フィットネスサイト│欧米で話題のファンクショナルトレーニング、クロスフィットとは?
News-Medical Life Sciences│Short-term functional high-intensity training may improve beta-cell function in adults with type 2 diabetes

1 2 3

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

糖尿病とうまくつきあう

糖尿病ニュース

近視の予防に自然光!? 屋外での運動に取り組もう!

糖尿病の運動療法としても推奨される屋外でのウォーキング。 近年の研究では、自然光を浴びることで近視の対策にもなると報告されています。 詳しくは「続きを見る」よりご覧ください。 ...

糖尿病患者さんは注意が必要! 「五十肩」の症状とは?

細菌、肩こりに悩まされていませんか? 一口に肩こりと言っても原因は様々で、なかでも糖尿病患者さんは「五十肩」になりやすいとされています。 今回は、五十肩の症状や対応策についてご紹介します。 ...

その他の記事

CGMは承認部位に装着を。インスタグラムでわかった米国のCGM利用の実態は?

CGM(持続血糖モニター)はセンサーを身体に挿入し、連続して血糖値を測定する検査方法です。CGMを使って全体的な血糖値の変動が把握できるようになり、1型糖尿病患者さんや一部の2型糖尿病患者さんはより効 ...

アクティブ・フォー・オール拠点が行うロコモ予防の取り組みとは?

現代人は昔に比べて体を動かす機会が少なく、「ロコモティブシンドローム(以下ロコモ)」予備群の数は増加傾向にあるといわれています。中でもメタボの方や、身体能力が衰えやすい糖尿病患者さんは、特にロコモのリ ...

食後10分のウォーキングが効果的! 肥満や血糖値の改善にウォーキングを

ウォーキングをはじめとした有酸素運動は、糖尿病の予防・治療に有効な習慣です。しかし、ウォーキングを続けようと考えてはいるものの、仕事や家事などで忙しく、なかなかまとまった時間を取れないという方も多いの ...

黄砂に要注意! 黄砂の翌日は急性心筋梗塞が増加

東アジアの砂漠から強風に運ばれて飛来する「黄砂」は、飛来する過程で大気汚染物質や微生物が付着する場合があることから、健康への悪影響が懸念されています。 さらに最近の研究では、黄砂が観測された翌日 ...

緑内障の予防改善における、ミカンのポリフェノールの効果とは?

緑内障は日本人の視覚障害の中でももっとも多い症状で、40歳以上の日本人では20人に1人が発症しているといわれています。糖尿病患者さんの目の病気というと、糖尿病白内障が思い出されますが、実は緑内障もまた ...

一覧に戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP