食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

スタイルを意識して、積極的にウォーキングを!

ウォーキングは、誰でも簡単にできる改善方法

ウォーキングは、糖尿病の予防や改善に関する研究や報告が多い運動療法のひとつです。

2016年、欧州糖尿病学会の医学誌に、ウォーキングなどの運動と糖尿病の関係性についての研究が掲載されました。

この研究は米国、アジア、オーストラリア、欧州の延べ124万5,904人の糖尿病を患っていない人が対象となっており、3年から23.1年間の追跡調査を行ったものです。この期間中、対象者のうち8万2,319人が2型糖尿病を発症しました。

2型糖尿病を発症した患者さんとそうではない人の習慣を比較し、発症リスクとの関係を分析したところ、1週間あたり11.25METs/時(エクササイズ)の運動を行っている場合には、糖尿病の発症リスクが26%低下するという結果が示されました。

「METs/時(エクササイズ)」というのは、身体活動の量を表す単位で、安静時の何倍のカロリーを消費しているかを示しています。ちなみに時速5kmのウォーキングを毎日30分、1週間続けた場合の身体活動の量は、10.5メッツ・時となります。

この調査は、ウォーキングに限定した糖尿病の発症リスクとの関連を示すものではありません。しかし、研究に関わっているケンブリッジ大学のセーレン・ブレーグ氏はこの結果を受けて、運動の習慣が耐糖能異常の改善につながると述べた上で「ウォーキング・ロードをつくり運動をしやすくするなど、環境の整備も必要」と、ウォーキングのしやすい環境が多くの人の健康の増進につながると指摘しています。

1 2 3

効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner