【医師監修】真夏の水遊びをするのに注意したいこと!プールサイドのフットケア

糖尿病患者さんが気をつけたい、フットケア

足指にさまざまな障害が表れる「足病変」は、糖尿病そのものの症状ではありませんが、患者さんが特に気をつけたいもののひとつです。

巻き爪やたこ、ひび割れ、水虫などといった足の異常が、糖尿病にり患している場合には重症化しやすいのです。
これには以下の理由があげられます。

・神経障害のため
糖尿病の合併症である神経障害が生じると足指の痛みや違和感に気づきにくくなります。このため、傷があっても症状が深刻化するまで見逃しがちです。

・動脈硬化のため
糖尿病のために高血糖状態が続き、動脈硬化が生じると血流が低下し、体のすみずみまで栄養がいきわたりにくくなります。結果、栄養が届かない末端の足指でケガの治りが悪くなるのです。

・抵抗力の低下のため
高血糖状態が続くと細菌に対する体の抵抗力が低下するため、感染症にかかりやすくなります。

このため、足病変を予防し、早期に発見・治療するためのフットケアが重要なのです。

※詳しくはこちらもチェック
フットケアで糖尿病の気になる「足病変」を予防しよう | 糖尿病症状セルフチェック.com

1 2 3

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変