ヨーロッパの糖尿病患者さんが食べるお菓子とは?

世界の糖尿病人口は、2015年現在4億1,500万人(国際糖尿病連合(IDF)発表)。なんと世界の20~70代の11人に1人が糖尿病であると推定されています。

どの国でも食生活の乱れ、運動不足、喫煙、過度の飲酒などが原因というのも共通しており、生活習慣の改善が予防対策として呼びかけられています。

日本が含まれる西太平洋地域は、糖尿病有病率 8.8%、ヨーロッパでは有病率7.3%で年々増加しています。

今回は、食に対する健康意識が高まっているヨーロッパの糖尿病患者さんのお菓子について紹介します。

1 2 3

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変