治療と予防コラム

糖尿病と診断されたら~今すぐ知るべき糖尿病の症状(初期~末期まで)


2.糖尿病の症状とは?

糖尿病は、自覚症状のないまま水面下で進行する病気です。症状が出てからでは完治は非常に難しいと言われていますが、本当にその通りなのです。

そのため、生活習慣のチェックを欠かさないことで糖尿病にならないように自己管理することが望ましいのです。
しかし、糖尿病をできるだけ早く発見し、少しでも進行を遅くするためにも、症状を見逃さないことは言うまでもありません。

それでは、症状にはどのようなものがあるのでしょうか?下記をご参照にチェックしてみて下さい。


【糖尿病の症状について】

  • このごろ太ってきた
  • 食べても食べてもやせる
  • 手足がしびれ、ピリピリする
  • とても喉がかわく
  • 視力が落ちた気がする
  • 食欲がありすぎていくらでも食べられる
  • 立ちくらみがある
  • 排尿の回数が増えて、量も多い
  • 甘いものが急にほしくなる
  • 尿のにおいが気になる
  • ちょっとしたやけどや傷の痛みを感じない
  • 全身がだるい
  • 尿が出にくく、出ても残った感じがする
  • 疲れやすい
  • 足がむくむ、重くなる
  • 肌がかゆい、かさつく
これらは糖尿病の症状と言われている症状です。


生活習慣チェックで少しでも該当があれば、これらの症状が無いかどうかのチェックも併せて行うことです。自分自身で症状のチェックを行うだけでなく、病院での診察や健康診断も行えば、糖尿病の進行度合いや、合併症についての状況も詳しく知ることができます。

3.糖尿病の合併症について


先に述べましたように、糖尿病の一番恐ろしい点は合併症です。糖尿病を放置し、進行すると合併症を引き起こします。ここで合併症についていくつか説明してまいります。

合併症には、網膜症、腎症、神経障害(手足のしびれ・壊疽など)、脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞、感染症、動脈硬化症などなど様々ありますが、その中でも特に重要視されている、糖尿病由来の合併症が『3大合併症』です。

生活改善や血糖のコントロールを行わずにいると、糖尿病発症より10-15年でこれらの合併症が出てくると言われております。

 
  1. 糖尿病神経障害
    合併症の中で一番早く現れると言われている病気で、もっとも頻度が高いと言われている合併症です。手足のしびれ・痛みの感覚の鈍化などに始まり、筋肉の萎縮、筋力の低下や胃腸の不調、立ちくらみ、発汗異常、インポテンツなど、さまざまな自律神経障害の症状が現れます。
  2.  
  3. 糖尿病網膜症
    眼底の網膜と呼ばれる部分の血管の異常により、視力が低下する病気です。悪化すると失明する可能性もあり、白内障になる方も多いと言われています。
  4.  
  5. 糖尿病腎症
    腎臓の糸球体と呼ばれる部分の毛細血管が障害され腎臓が機能しなくなる病気です。これにより尿が作られなくなり、人工透析を余儀なくされることもあります。人工透析患者の原因の1位がこの糖尿病腎症であり、日常生活に多大な影響を及ぼすものとなっています。

4.最後に

糖尿病は、一度かかってしまうと完治は難しいと言われています。
それは自覚症状が追い付かないほど静かに進行することと、最終的には合併症によるところが大きいためです。
この合併症のどれもが生活の上で支障を与えるものばかりか、命に関わることもあるため、危険視されています。


糖尿病になってしまってからでは遅い といわれるのはこのためで、だからこそ、日々の生活習慣の見直しを習慣とすること、症状と疑われる点が1つでもあれば、ただちに検査を行うことが強く望まれているのです。

1 2 3

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

糖尿病とうまくつきあう

糖尿病ニュース

認知症の3分の1は予防できる!? 生活習慣をチェックしよう!

世界で増加傾向にある認知症は、高齢化が進む日本においても注意が必要な症状です。 認知症の発症には生活習慣が大きく関わっており、日々の生活を改善することで認知症の予防につながるとされています。 今回 ...

近視の予防に自然光!? 屋外での運動に取り組もう!

糖尿病の運動療法としても推奨される屋外でのウォーキング。 近年の研究では、自然光を浴びることで近視の対策にもなると報告されています。 詳しくは「続きを見る」よりご覧ください。 ...

その他の記事

CGMは承認部位に装着を。インスタグラムでわかった米国のCGM利用の実態は?

CGM(持続血糖モニター)はセンサーを身体に挿入し、連続して血糖値を測定する検査方法です。CGMを使って全体的な血糖値の変動が把握できるようになり、1型糖尿病患者さんや一部の2型糖尿病患者さんはより効 ...

アクティブ・フォー・オール拠点が行うロコモ予防の取り組みとは?

現代人は昔に比べて体を動かす機会が少なく、「ロコモティブシンドローム(以下ロコモ)」予備群の数は増加傾向にあるといわれています。中でもメタボの方や、身体能力が衰えやすい糖尿病患者さんは、特にロコモのリ ...

食後10分のウォーキングが効果的! 肥満や血糖値の改善にウォーキングを

ウォーキングをはじめとした有酸素運動は、糖尿病の予防・治療に有効な習慣です。しかし、ウォーキングを続けようと考えてはいるものの、仕事や家事などで忙しく、なかなかまとまった時間を取れないという方も多いの ...

黄砂に要注意! 黄砂の翌日は急性心筋梗塞が増加

東アジアの砂漠から強風に運ばれて飛来する「黄砂」は、飛来する過程で大気汚染物質や微生物が付着する場合があることから、健康への悪影響が懸念されています。 さらに最近の研究では、黄砂が観測された翌日 ...

糖尿病の運動療法にも。クロスフィットのメリットとは?

「クロスフィット」というトレーニングをご存知でしょうか。 これは機能的高強度トレーニング(F-HIT)と呼ばれるトレーニング方法の1つで、筋力やスタミナ、持久力などの能力をバランスよく高めたり、 ...

緑内障の予防改善における、ミカンのポリフェノールの効果とは?

緑内障は日本人の視覚障害の中でももっとも多い症状で、40歳以上の日本人では20人に1人が発症しているといわれています。糖尿病患者さんの目の病気というと、糖尿病白内障が思い出されますが、実は緑内障もまた ...

一覧に戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP