【医師監修】低血糖はチョコレートで対応できる?ブドウ糖との違いとは

チョコレートを食べるならいつ?

チョコレートに含まれるショ糖・乳糖は、ブドウ糖ほど速やかではなく、しかしおにぎりやクラッカーよりは速やかに血糖値を上昇させます。低血糖時の対策として食べるよりは、おやつとしてほどよい量を食べるのがよさそうです。

糖尿病の患者さんがおやつを食べる際には、血糖コントロールやカロリーへの配慮が必要となります。運動する前のタイミングや、食べた後にエネルギーをたくさん消費する午前中の時間帯、あるいは食事の一部としてデザートに食べるのが望ましいと言われています。寝る前に食べてしまうのは一番危険ですから避けましょう。また、食べ過ぎにも要注意です。

参照・参考
低血糖 | 糖尿病情報センター
栄養素の代謝と必要量 1-1 糖質(炭水化物)
ブドウ糖 | e-ヘルスネット 情報提供
食品成分データベース
糖尿病について

1 2 3

注目記事

もっと見る
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第7回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変