食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

喫煙は深刻な発症リスク。糖尿病との関係を紹介します

禁煙後も糖尿病の発症には注意

たばこの害はこれまでにも多数指摘されていますが、では、糖尿病患者さんにとってはどのような影響があるのでしょうか。まず、喫煙の害の1つに血管障害があります。そのため、高血糖によって合併症を発症しやすい糖尿病患者さんが喫煙を続けていると、合併症を発症する可能性をさらに高めてしまいます。

また、喫煙の習慣がある人は、糖尿病の発症リスク自体が高くなることも明らかになっています。

ですから、糖尿病予備群の方であっても、予防や治療を行うためにも速やかに禁煙を行う必要があります。

しかし、禁煙を始めれば、すぐにたばこの影響を回避できるわけではりません。禁煙を行っても、しばらくの間は糖尿病の発症に注意をする必要があると指摘されています。

国立がん研究センターと国立国際医療研究センターが全国の約6万人を対象に追跡調査を行い、喫煙の習慣がある人の糖尿病の発症リスクを調べました。この調査からは、たばこを吸う人の糖尿病の発症リスクは、吸わない人に比べて、男性では1.42倍、女性では2.84倍も高くなるという結果が出ました。喫煙量が多い人の糖尿病の発症リスクはさらに高く、1日に25本以上のたばこを吸う人の糖尿病の発症リスクは、たばこを吸わない人に比べて2.15倍も高くなります。

さらに、禁煙をしてからの期間と発症リスクの関係についても分析したところ、禁煙を始めた人と元からたばこを吸わない人との発症リスクの差がなくなるまでには、5年がかかることも分かりました。

この調査の結果は、喫煙の習慣がある人は、禁煙をしてもすぐに安心できるわけではないことを示しています。健診をきちんと受診するなどの対策をとり、細かい配慮をすることが大切です。

喫煙は糖尿病の発症や合併症のリスクの上昇につながる、深刻な要素の1つです。
現在では医師に相談したり、専門外来である禁煙外来を受診することで、禁煙の取り組みが効率的に進められるようになっています。糖尿病を発症している患者さんにとって、禁煙は治療のひとつともいえます。こうした手段を積極的に利用して、できるだけ早くたばこをやめることをおすすめします。

参照・参考
厚生労働省│2016年世界禁煙デーについて
e-ヘルスネット(厚生労働省)│進んでいる世界の受動喫煙対策
e-ヘルスネット(厚生労働省)│喫煙と糖尿病
PLOS ONE│Smoking Cessation Increases Short-Term Risk of Type 2 Diabetes Irrespective of Weight Gain: The Japan Public Health Center-Based Prospective Study

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

1 2 3

効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner