食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】大人の夜尿には糖尿病が隠れている可能性も!その理由と対策とは

糖尿病のために夜尿が起こるわけ

糖尿病患者さんの尿は甘いにおいがすることが知られています。これは高血糖のため、血中から尿へとブドウ糖があふれ出していることによります。

尿中のブドウ糖濃度が高いと、浸透圧の働きによって尿の中に水分が流れこみます。この現象を「浸透圧利尿」といいます。浸透圧利尿が起こると尿の量が非常に多くなり、膀胱からあふれて尿漏れを起こすことがあります。

また、糖尿病の合併症として起こる神経障害も夜尿を引き起こします。

膀胱の中に十分な量の尿がたまってくると、膀胱がこれを感知して「トイレに行きたい」との信号が送られるのが通常です。しかし神経障害を発症している糖尿病の患者さんの場合、自律神経の働きが阻害されるため、尿がたまってきたことになかなか気づくことができません。

この結果膀胱の中にたくさんの尿がたまってしまい、尿漏れを起こしやすくなります。尿が長く膀胱の中にとどまると、膀胱炎のリスクも高まります。

1 2 3

糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner