治療と予防コラム

大人も食育が大切! 健康につながる取り組みを紹介します



知識が病気に影響。大人にも食育が必要な理由とは?

食育が健康に影響をおよぼす可能性について、岡山大学が研究を発表しています。

研究グループでは大学生2,184人を対象に、食育の知識の有無とむし歯の発症リスクについて、3年間の追跡調査を行い、うち562人の調査を終えました。

この調査では、調査前後でむし歯の割合を比較したところ、食育の知識がある男子学生ではむし歯の増加の割合が36.0%であったのに対し、食育の知識がない男子のむし歯の増加の割合は51.9%と、大きな差がみられました。

この結果から、さらにむし歯に関わる他の因子の影響をを調整したところ、食育の知識がない人は知識がある人に比べて、虫歯が2.0倍も増加しやすいことがわかりました。

女子学生の中では、「甘味飲料をよく飲む」と答えた人は、甘味飲料をあまり飲まない人に比べて、1.9倍むし歯を増加しやすいことが示されています。

さらにこの研究では、食育の知識がある人は間食や夜食を食べない傾向があり、健康に配慮した食習慣を心がけていることも分かりました。この研究の結果は、食育の知識が健康に影響をおよぼすことを示唆しています。

1 2 3

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

糖尿病とうまくつきあう

糖尿病ニュース

通勤や家事でもOK! 運動時間を10分伸ばそう!

運動が健康にいいとはわかっていても、なかなか継続できないという方も多いのではないでしょうか? 実は、家の掃除や階段の上り下りといった生活活動を10分伸ばすだけでも、健康への効果は期待できるんだとか。 ...

認知症の3分の1は予防できる!? 生活習慣をチェックしよう!

世界で増加傾向にある認知症は、高齢化が進む日本においても注意が必要な症状です。 認知症の発症には生活習慣が大きく関わっており、日々の生活を改善することで認知症の予防につながるとされています。 今回 ...

その他の記事

東京都が新ガイドラインを策定。健康寿命を延ばす12か条とは?

高齢化が進む昨今、高齢でも健康的な生活を送ることができる「健康寿命」が、以前にも増して重要な課題となっています。こうした状況の中、東京都健康長寿医療センターは、長年にわたる疫学研究の成果を元に、健康寿 ...

オンラインゲームが認知行動療法に活用できる。発表された研究の内容とは?

「糖尿病の自己管理について学習できるオンラインゲームに参加すると、症状を改善できる可能性がある」という米国の研究結果が紹介されました。この研究は新しい認知行動療法の可能性を示すものとも考えられており、 ...

ウォーキングは健康的な習慣の第一歩。靴を選んで、歩く習慣をつけましょう

ふだんから運動を心がけていますか? ウォーキングやジョギングが流行している昨今ですが、実は国民の成人のスポーツ実施率は十分ではないことがわかっています。特に20代から40代のビジネス世代ではこの傾向が ...

寒い季節は要注意! 運動前のウォーミングアップを忘れずに

だんだんと肌寒くなり、すっかり秋らしくなりました。「スポーツの秋」とも言われるこの季節、ウォーキングなどの運動療法に励む糖尿病患者さんも少なくないのではないでしょうか? しかしこれからの寒い季節、室内 ...

「7つの生活習慣」は認知症予防にもつながる!? 生活習慣の改善を目指しましょう!

認知症は高齢化が進む日本のみならず、世界でも増加傾向にあり、誰もが注意すべき症状の一つです。近年の研究では、心筋梗塞や脳卒中、そして糖尿病の予防につながる生活習慣が、認知症の予防にも効果が期待できると ...

深刻なリスクを引き起こす「血糖値スパイク」を防ぐ食事の条件とは?

「血糖値スパイク」という言葉をご存知でしょうか? 糖尿病だと診断されていない人でも食後に高血糖を引き起こすことが報告されており、その原因は血糖値スパイクである可能性が高いと考えられています。 ...

一覧に戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP