家事はどのくらいのカロリー消費? 意識的に行って家事を運動に!

料理や洗濯、掃除など、私たちが日々行っている家事はどのくらいのカロリー消費をしているのでしょうか。普段何気なく行っている家事で、運動やダイエット効果が得られたら良いですよね。
それでは、それぞれの家事の消費カロリーを見ていきましょう。

連続して行えば、家事も立派な運動に
体重50kg、30分間連続した動きを行った場合の、一般的な家事の消費カロリーをまとめてみました。ちなみに同じ条件で普通の速度(約4km/h)でウォーキングを行った場合の消費カロリーは105kcal程度。それを思うと家事の消費カロリーは決して小さくないことが分かると思います。

家事の種類

30分あたりの消費カロリー

床の掃き掃除

86kcal

床の拭き掃除

91kcal

モップがけ

91kcal

窓ふき

84kcal

掃除機をかける

86kcal

部屋の片づけ

91kcal

洗車、物置の整理など

91kcal

風呂掃除

91kcal

調理

86kcal

皿洗い

47kcal

アイロンがけ

47kcal

洗濯(干す、取りこむ、たたむ)

105kcal

ベッドメイク

86kcal

※動作の具合によっては消費カロリーも変わってくるので、あくまでご参考程度にお考えください。

それぞれの家事の動作で鍛えられる筋肉も違い、全身運動となるので、家事を運動ととらえれば面倒に感じることも少なくなるかもしれませんね。
また、なるべく連続して行った方が運動効果は高いため、まとまった時間をとって一気に家事を済ませてしまうのもおすすめです。

家事を運動に!ポイントは「意識的に筋肉を動かす」こと

家事で運動効果を上げるためには、「意識的に筋肉を動かす」ことがポイントです。
なるべく大きな動作で力を込めて行いましょう。
意識的になることで効率よく筋肉を鍛えることができます。

たとえば、床の拭き掃除であれば二の腕の筋肉を意識しながら、同じ場所で遠くまで拭くように腕を伸ばして行います。
可能であれば、膝を床に付けずに行うことでさらに足腰も鍛えることができます(腰が弱い方はご注意ください)。
また、呼吸も止めないよう意識しながら行いましょう。

また、買い物などへ出かける際には、車や自転車を使わずに歩いて行くことで、ウォーキングを家事に取り入れることができます。
お皿を洗っているときに腹筋に力を入れたり、つま先立ちで行えば、普段その家事では使わない筋肉も一緒に鍛えることができ、消費カロリーもアップします。
ちょっとした意識の持ち方で、日常生活の動きを効率的な運動に変えていくことができるのです。

毎日の家事で、毎日の運動を

運動は毎日少しずつでも続けていくことが大切。
しかし忙しくてなかなか運動する時間が見つけられないという方も多いと思います。
そんな方は、今回紹介したように、普段何気なく行っている家事を少し意識的に行ってみましょう。
少しのことで消費カロリーをアップさせたり、運動効果を高めることができます。
家事が苦手な方も、運動やダイエットと思えば家事もはかどるかもしれません。

日常生活に上手に運動を取り入れていけるといいですね。

注目記事

もっと見る
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変