食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

春を告げる山菜、旬のおいしいわらびを楽しもう!

わらびに含まれる栄養素や働きをご紹介

わらびは淡色野菜で、食物繊維が多く含まれています。豊富に含まれる不溶性食物繊維には便通を促進したり、咀嚼回数を増やして早食防止に役立ったりする働きがあります。
よく噛んで味わって食べれば、おいしいだけでなく肥満の防止にも効果的ですね。
他にはビタミンEやポリフェノールといった抗酸化作用がある成分も含んでいます。抗酸化物質を積極的に摂取することは、病気や老化促進のリスクを高める活性酸素の作用を抑えるために有効と言われます。
塩漬けや干しわらびなどはいつでも楽しむことができますが、やはり春は新鮮なわらびを味わいたいですね。定番のおひたしや山菜ご飯などもいいですし、パスタなど洋風の料理もおいしいですね。色々な料理で旬のわらびのおいしさを楽しんでみてはいかがでしょう。

小泉明代小泉明代(こいずみあきよ)

女子栄養大学卒業後、管理栄養士免許取得。
医療機関での栄養指導、保健指導などや、小学校での給食管理、食育などを行った後、フリーランスとして活動を開始。
現在は企業のアドバイザーやレシピ作成、食に関するライティングなどを行っている。

1 2 3

効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner