秋から冬にかけては旬のおいしい西洋なしを楽しもう!

西洋なしに含まれる栄養素や働きをご紹介

西洋なしは100gで54kcalなので、正味150g程度で80kcalとなります。芯などの廃棄を含めた場合は180gとなります。
西洋なしは小さい品種では150g程度のものから、大きい品種では700gを超えるものもあります。一番多く生産されているラ・フランスは200~250g程度です。食べるときには重量を計量するなどして、適量を食生活に取り入れていきたいですね。
西洋なしにはカリウムや食物繊維も豊富に含まれています。カリウムは体内の余分なナトリウムを体外へ排泄する働きがあり、高血圧予防のためにもしっかり摂りたい栄養素です。
食物繊維は水溶性と不溶性の2種類を豊富に含んでいます。それぞれ違った特徴があり、便通の促進や整腸効果、お腹をすきにくく食べ過ぎを防ぐなど健康に役立つ働きがあります。
甘くておいしい西洋なしはそのままで立派なデザートやおやつにもなりますし、少し手を加えて料理やお菓子に使ってもいいですね。
食生活に適量を取り入れて、旬のおいしさを楽しんでくださいね!

小泉明代小泉明代(こいずみあきよ)

女子栄養大学卒業後、管理栄養士免許取得。
医療機関での栄養指導、保健指導などや、小学校での給食管理、食育などを行った後、フリーランスとして活動を開始。
現在は企業のアドバイザーやレシピ作成、食に関するライティングなどを行っている。

1 2 3

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変