【医師監修】更年期に見落としやすい糖尿病のサイン~汗をかきやすくなったと感じたら

糖尿病で汗をかくこともある?

糖尿病の合併症である神経障害によっても汗をかきやすくなることがあります。これは高血糖が続くことで自律神経が不調をきたすためです。

この時の特徴としては、顔や首などの汗をかきにくい場所に汗をかく、逆にいつもよりも汗をかかなくなって皮膚がカサカサする、といったことがあげられます。また、糖尿病による汗はにおいがきつくなると言われています。これは脂肪が分解されて生じるケトン体の影響によるもので、甘酸っぱいにおいの汗が出やすくなります。

こうした神経障害による汗の症状は、血糖コントロールが安定するのに伴いおさまっていきます。

更年期障害と糖尿病の神経障害の汗の症状は、時に見分けづらいことがあります。糖尿病のサインがあらわれているときに、更年期のせいかも?と見過ごさないようにしたいところです。汗をかきやすくなったな、と感じたら、手足のしびれなど神経障害の他の症状が出ていないか、血糖値は正常な範囲内にあるか、といったことを併せてチェックしてみてください。

参照・参考
更年期障害 | e-ヘルスネット 情報提供
ほてり|一般のみなさまへ|日本女性心身医学会
神経障害 | 糖尿病情報センター
糖尿病性神経障害
手汗と老化・加齢の関係とは?歳をとったら汗が増える!?

1 2 3

注目記事

もっと見る
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変