特殊構造のマットレスが糖尿病の治療に期待。睡眠の質と症状の関係は?

特殊構造のマットレスに、睡眠の質改善の可能性

東京西川の研究機関である日本睡眠科学研究所は、同志社大学大学院生命医科学研究科アンチエイジングセンターの米井嘉一教授と共同で研究を行いました。その結果、「東京西川の4層特殊構造マットレスは睡眠の質を改善し、糖尿病を予防できる可能性がある」ことを発表しています。

研究の対象になったのは軽度の睡眠障害を自覚している男女11名で、平均年齢は49.8歳でした。
研究では、対象者に東京西川の4層特殊構造立体マットレス「&Free SAマットレス」を4週間使用してもらい、使用前と使用4週間後のHbA1c値と心身ストレス、成長ホルモンの分泌量などを比較しました。

その結果、&Free SAマットレスを使用する前のHbA1c値は平均5.31%でしたが、4週間後の平均値は5.19%と、0.23%の低下が認められました。これは睡眠の質が向上することで糖代謝が改善し、糖化ストレスが減少したためだと考えられています。

この研究では、他にも心身ストレスの低下や、成長ホルモンの分泌量の増加といった傾向がみられています。研究ではこれらの結果をもとに、&Free SAマットレスには糖尿病の予防につながる可能性があると結論づけました。

1 2 3

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変