犬を飼っていると身体活動量を維持しやすい。報告された研究の内容は?

英国の大学が行った研究によれば、犬を散歩させる習慣がある人はウォーキングを続ける傾向が強いのだそうです。

ウォーキングなどの有酸素運動は2型糖尿病を含めたさまざまな病気のリスクを下げる効果があります。現在糖尿病の治療を行っている患者さんはもちろんのこと、予防に取り組む多くの人にとっても大切な習慣です。

積極的にウォーキングを行い、身体活動量を増やすために、犬の散歩にはどんなメリットがあるのかを覚えておきましょう。

1 2 3

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変