旬は春から初夏!甘酸っぱさがおいしい夏みかんを味わおう!

夏みかんに含まれる栄養素や働きをご紹介

糖尿病患者さんが1日に摂取するように勧められている果物の量としては80kcal分とされており、夏みかんは正味200gで80kcalとなります。芯などを含んだ重さでは360g、目安は中1個になりますので糖尿病患者さんが食べる際には参考にしてみてください。

夏みかんには、美容のビタミンとしても知られるビタミンCが豊富です。ビタミンCはコラーゲンをつくるときに欠かせず、他にも鉄の吸収をよくしたり、抗酸化作用によって活性酸素から身体を守ったりしてくれます。また、便秘予防などに役立つ二種類の食物繊維もバランスよく含まれています。

夏みかんはそのままで食べてもおいしいですが少し酸味が強いので、その甘酸っぱさからサラダやマリネなどの料理に取り入れてもおいしくいただけます。また、そのままで食べにくいようであればジャムや手作りスイーツなどに加工しておいしくいただくのもよいでしょう。その場合は砂糖類の使用量や、食べる量に気を付けていただきたいですね。

爽やかな甘酸っぱさがおいしい今が旬の夏みかん。そのままデザートにしたり、料理に取り入れたり、さまざまな食べ方で楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

小泉明代小泉明代(こいずみあきよ)

女子栄養大学卒業後、管理栄養士免許取得。
医療機関での栄養指導、保健指導などや、小学校での給食管理、食育などを行った後、フリーランスとして活動を開始。
現在は企業のアドバイザーやレシピ作成、食に関するライティングなどを行っている。

1 2 3 4

注目記事

もっと見る
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第7回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変