【医師監修】冬は特に注意!皮膚の乾燥をおさえる入浴のポイントとは

糖尿病患者さんの皮膚は乾燥しがち

冬はそもそも皮膚がカサつきやすくなる季節ですが、糖尿病になってから乾燥やかゆみをより強く感じるようになった、という経験はありませんか?糖尿病の神経障害によって交感神経の働きが阻害されると、汗をうまくかくことができなくなったり、反対に異常に汗をかくようになることがあります。汗をかく量が減少すると皮膚表面の水分が少なくなり、皮膚が乾燥しやすくなるのです。

肌がカサカサしていると雑菌が繁殖し、かゆみも生じやすくなります。カサつき、かゆみはそれ自体でも辛いものですが、思わず強く引っ掻いてしまい、引っ掻き傷という二次被害をつくってしまうこともあります。掻くのを我慢していても、皮膚が乾燥しているとひびわれのような傷ができやすくなります。こうした傷は感染のもとになりますから要注意です。

熱いお湯は肌のバリア機能を傷つける

皮膚のカサつきを防ぐためには熱いお湯とぬるめのお湯、どちらで入浴するのがよいのでしょうか?冬、熱いお湯で手を洗ったとき、冷たい水で洗ったときと比べて手の乾燥がひどくなった経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。ここからもわかるように、熱いお湯は皮膚のバリア機能を害し、皮膚の乾燥を促してしまいます。

皮膚表面からの水分の蒸発を防いでいるのは、細胞のあいだを埋める「細胞間脂質」とよばれる物質です。細胞間脂質は化粧水やハンドクリームによく使われる「セラミド」や脂肪酸、コレステロールから成っています。あまりに熱いシャワーを浴びたり、じっくり湯船につかり続けているとこの細胞間脂質が溶けだし、皮膚の乾燥が進んでしまうのです。

入浴に最適なお湯の温度は?

季節や体温の個人差によって違いはありますが、日本人はおおよそ40℃~42℃のお風呂を好むと言われています。特に寒い時期にはアツアツのお湯であたたまりたくなりますから、他の時期と比べてお湯の温度は高めに設定されがちです。しかし肌の乾燥という観点からは少しぬるめの38℃程度の微温浴が望ましいと言われます。熱いお湯で入浴すると肌を乾燥させやすくなりますし、ほてった後にはかゆみも出やすくなるのです。

また、寒い外気にあてられた状態から突然熱いお湯に入ることで血圧や心拍数が突然上昇すると、血管や心臓に負担がかかり、心筋梗塞や脳卒中を起こすこともあります(ヒートショック)。こうしたヒートショック防止の観点からも、お湯の温度は40℃以下にすることがすすめられています。

1 2 3

注目記事

もっと見る
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変