【医師監修】冬は特に注意!皮膚の乾燥をおさえる入浴のポイントとは

ぬるめのお湯で入浴するときの注意は?

ぬるめのお湯にゆっくりつかるときにも、気をつけておきたいことがあります。体の芯からあたたまるからと、あまりに長くつかっていると、今度は皮膚がふやけてしまうのです。乾燥するのも困りものですが、特に足先の皮膚がふやけると水虫などのリスクがあります。長風呂はほどほどにし、お風呂上がりには足指の間の水気までしっかりふき取っておきましょう。保湿クリームをしっかり塗っておくことも大切です。

参照・参考
糖尿病と感染症のはなし | 糖尿病情報センター
細胞間脂質(細胞外角層脂質)
皮膚疾患がある患者の入浴のポイント
ヒートショックとは

1 2 3

注目記事

もっと見る
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変