【医師監修】眠れない冬の夜に試したい!足浴の効果

足浴をするときの注意

神経障害を合併し、痛みや熱さを感じにくくなっている糖尿病の患者さんが足浴をする場合には注意も必要です。気づかないまま熱すぎるお湯に足をつけてしまい、火傷することのないように、事前にお湯の温度をしっかりみておきましょう。この時、手袋をはめて確認すると判断を誤ることがあるので、必ず素肌で肌感覚での温度をはかっておくことが重要です。

足浴の後、足先をぬれたままで放っておくと皮膚がふやけてしまい、足病変のきっかけになってしまうこともあります。足浴でしっかりあたたまった後は指の間までしっかり水滴をふきとるなど、アフターケアにも注意しておきましょう。

参照・参考
足浴(アシヨク)とは – コトバンク
睡眠を促す援助としての足浴についての文献検討
虚弱高齢者に対する温泉足浴が,転倒,運動機能および自律神経機能に与える効果の検証
足病変予防のためのフットケア
足浴やシャワー浴時の熱傷

1 2 3

注目記事

もっと見る
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変