急な体重減少は糖尿病の危険信号。 ~糖尿病と体重の関係性とは?~

痩せ型のための食事療法とは?

糖尿病患者さんに肥満体質の方がいるのは事実ですが、中には痩せ型の人もいます。
特に、1型糖尿病は肥満とは無関係なので肥満体質でない方も多いですし、2型糖尿病でも、痩せている人もいます。
ここでは、2型の痩せ型糖尿病患者さんに向けた食事療法のポイントをご紹介しましょう。

① 自分の適正な摂取カロリーを把握し、それをきちんと守る

糖尿病の食事療法の基本は一日の摂取カロリーの計算から始まります。
まずご自身の適正な摂取カロリーを計算してみましょう。
また摂取カロリーを知ったら、きちんと食事に反映させ守ることが大切です。

標準体重=身長(m)×身長(m)×22(BMI)
1日の摂取カロリー=標準体重×生活強度

生活強度(kcal)
デスクワークが多い職業などの、軽い労作:25~30
立ち仕事が多い、普通の労作:30~35
力仕事が多い職業などの、重い労作:35~

例)身長170cmの中労働者(生活強度を30で計算)の場合
1日の摂取カロリー=1.7m×1.7m×22×30
=1,907kcal

② 食生活を見直す
痩せ型の糖尿病患者さんの場合、もともと小食、過度の偏食があるといった傾向が見られます。まずは、現在の食生活を見直しましょう。
一度にたくさん食べられない場合、栄養バランスが偏ってしまっている場合、一日のカロリーを小分けにして、栄養価の高い食品を間食で取り入れてみましょう。

◎間食におすすめの食品

糖質の少ないナッツ類やチーズ、豆腐、納豆などがおすすめ。

また、一日180ml(120kcal)の牛乳を習慣化するのも一つの方法です。
飲み物であれば摂りやすく、糖尿病の食事療法でも、180mLの牛乳を毎日飲むことが推奨されています。
牛乳はカルシウム、ビタミンB2、ビタミンB12、パントテン酸、リン、脂質が多く含まれ、ご飯とともに摂取することで、食後の血糖上昇を緩やかにさせる作用もあるといわれています。
牛乳を飲む習慣をつけることで、食欲がないときにも栄養もカロリーも補う強い見方になります。

甘いもの、油もの、菓子類に依存した食生活を送っていた人の場合、まずはバランスの取れた食生活の改善を図っていくことが必要となります。
ただし病状よっては、間食をしない場合もありますので、医師や管理栄養士とよく相談しながら食事療法を進めるようにしてください。

痩せ型の糖尿病患者さんは、血糖値の上昇を防ぎながら、カロリー不足、栄養素不足にならないように注意しましょう。

適正体重で健康的に血糖管理しよう

糖尿病といっても、その症状や体型は人それぞれ。
BMI、身長からみた標準体重を割りだして、適正なカロリーを摂取することで、健康的な体を手に入れることが糖尿病改善の近道です。

その一方で、治療をさぼり気味だったのに急激に体重が減ってきたという事態になった場合、それは危険な状態かもしれません。
すぐに医師の診察を受けましょう。

しっかりと自分の体と向き合い、うまく糖尿病と付き合っていきたいものですね。

  • 参照・参考
  • インスリン | e-ヘルスネット 情報提供
  • 体重減少
  • 牛乳・乳製品 | e-ヘルスネット 情報提供
  • 科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン 2013 – 日本糖尿病学会

    1 2 3

    注目記事

    もっと見る
    健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
    健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
    健康道場「緑でサラナ」
    健康道場「緑でサラナ」

    糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

    糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

    糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
    1. 日本
    2. アメリカ
    3. オランダ

    >> 正解はこちら
    第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

    記事ランキング

    カテゴリ一覧

    月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

    糖尿病ニュース

    もっと見る

    最新記事

    食事で予防

    もっと見る

    カロリー制限で治療と予防

    もっと見る

    運動で治療と予防

    もっと見る

    生活習慣で予防

    もっと見る

    治療と予防コラム

    もっと見る

    おでかけして予防

    もっと見る
    合併症 症状 糖尿病 足病変