治療と予防コラム

私の高血圧治療体験記~糖尿病と診断されて~

私は50代で糖尿病と診断されました。
若いときから肥満傾向があったものの、まさか自分が糖尿病になるとは思ってもみませんでした。
そして、糖尿病になって初めて知ったことは血圧コントロールの重要性でした。

なぜ糖尿病では血圧の治療をする必要があるのか、私が血圧コントロールのために行っている予防方法と治療について紹介したいと思います。

糖尿病患者が血圧をコントロールする必要性

私は糖尿病と診断されてから、医師からの説明以外にも本やインターネットで勉強を始めました。

そこでまず最初に印象的だったことが、糖尿病の患者が高血圧になる確率は、糖尿病でない人よりも、約2倍高いということです。

それまで私は、血糖値と血圧は関係無いことだと思っていたので、大変驚きました。
しかも、糖尿病にかかっている人が高血圧症を発症すると、動脈硬化が進行してしまうそうなのです。

動脈硬化が進行すると、心筋梗塞などの心臓の病気、脳梗塞などの脳の血管の病気を引き起こす可能性があるそうです。

血液は全身を巡っているので、血糖値の高い糖尿病の患者にとって血圧のコントロールは大変重要になるのですね。

そこで私が糖尿病の発症をきっかけに行った、高血圧に対する予防と治療について紹介します。

高血圧に対する予防と治療

正常な血圧は140/90mmHg未満ですが、糖尿病を発症している人の血圧は130/80mmHg未満を目標とします。

予防・治療としては医師から処方された薬を飲む薬物療法と、非薬物療法を行いました。

非薬物療法として私がしたことは次の内容です。

①塩分の制限

塩分制限は一般的に、臓器障害なし~軽度は8g/日以下、臓器障害中等度は6g/日以下、臓器障害重度は5g/日以下を目標とすることがわかりました。

私の目標は8g/日以下でしたが、これは、今まで外食やコンビニ弁当ばかりで自炊をしていなかった私にとってかなりの難題でした。

入院中の病院食は味が薄くて、今までいかに自分が濃いものを好んで食べていたかということを思い知らされました。

しかし、塩分を測って自炊をするなんてことをしていたら、ストレスで余計に血圧が上がってしまいそうです。

そこで私がしたことは
・無理のない範囲で自炊をする
・うどんやラーメンの汁は飲まない
・味噌汁は具沢山にして汁は上澄みを飲む
・醤油やソースを使うときには直接かけずに小皿などにうつしてつけて食べる
・薄味で物足りないときにはレモンやわさびなどでアクセントをつける
ということです。


②質・脂質を控える

お菓子類や肉類を控えて肥満を改善することで、体液量の減少や交感神経の抑制をもたらし血圧の上昇を抑えます。また医師によると、もともとの体重にもよるが1㎏の減量で血圧が1~1.5mmHg下がるということが明らかになっているそうです。

また、減量をすることで薬を効きやすくする効果もあるとのことでした。
子供と大人では薬の量が違いますが、これは同じ病状であっても体重によって必要量が変わってくるからだそうです。

減量自体で血圧が下がり、また同じ量の薬でも効果が出やすくなり、結果、薬の量を減らせることにつながるということです。


③運動療法

私は、電車通勤をしていますが、最寄り駅から一駅先まで歩くことにしました。
休日は30分~1時間ほど歩いています。
また、エレベーターやエスカレーターの使用は極力控えて階段を使用しています。

運動する習慣がない私にとって、当初は運動すること自体が憂鬱でした。
しかし、今ではウォーキングすることでストレス発散にもなり、良い気分転換になっています。

ストレスや疲れが貯まったときに、食事や飲酒することで発散していた私にとって、とても良い効果が得られています。


④その他の生活習慣の改善

その他でまずしたことが禁煙です。
タバコが体に悪いことが分かりながらも禁煙には踏み切れずにいましたが、これを機に禁煙をすることにしました。
ニコチンは血圧を上昇させる作用があることが明らかになっています。

次に、入浴の温度を少し下げ、40℃程度を目安にしました。
元々熱いお湯が好きだったのですが、お湯の温度が高すぎると血管が収縮し血圧が上昇してしまうとのことだったので、40℃程度にしました。
適温は平熱より3~4℃高い湯温だとされています。

また、寒暖差による血圧の上昇を予防するために、冬場では脱衣所と浴室をあらかじめ温めておくようにしています。


以上が、私が行っている高血圧に対する予防と治療です。
食生活の改善や運動をすることは、血圧だけでなく糖尿病の治療にもつながっています。

今まで健康意識の低い生活を送ってきた人にとっては、これらのことを同時に全て始めることは容易ではないと思います。

また、意識の高い人はもっと厳密に治療を頑張っておられるかと思います。

私は、最初は、何度も栄養指導や生活指導を受けながらも、なかなか改善することができませんでした。

全て守ることは難しいが私にでもできることは何かを考え、自分に合った方法を徐々に見つけて行きました。

糖尿病も高血圧も、完治することは難しく生涯付き合っていかなければならない病気です。
ストレスをためずに人生を楽しみながらも、予防・治療を続けることができるように、これからも頑張っていきたいと思います。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

糖尿病とうまくつきあう

糖尿病ニュース

座りっぱなしは健康への悪影響が!立ち上がって運動を

みなさんは1日の中でどのくらい座って過ごしていますか? 体をあまり動かさない座ったままの時間が長いと、血液がドロドロになり、動脈硬化が進みやすくなるおそれがあるという研究が発表されました。 詳 ...

健康的な生活は朝食から!動脈硬化の予防にもつながる!

忙しいとついつい抜いてしまいがちな朝食ですが、健康のためにはしっかり食べる事が重要です。 朝食を抜く習慣のある人は、朝食をしっかり食べる習慣のある人に比べ、動脈硬化を発症する可能性が2倍に高まるとい ...

その他の記事

適切な治療を阻む残薬問題。糖尿病との関わりは?

近年では、患者さんが多くの薬を飲み残す「残薬」が、適切な治療や医療費の削減等の観点から問題視されています。 2017年11月14日、日本イーライリリー株式会社(以下、日本イーライリリー)は2型糖 ...

座り過ぎは糖尿病リスクを高める!? 立って過ごす時間を増やそう

デスクワークの仕事が多い方の中には、1日のうち長時間を座って過ごしているという方も多いのではないでしょうか。しかし、座っている時間が健康に与える悪影響を指摘する研究も多く存在します。座っている時間が長 ...

早食いを改めることで糖尿病リスクが低下? 食事にかける時間と健康の関係

食事は健康を維持する上で重要な要素であり、栄養バランスのとれた食事は糖尿病の食事療法においても基本です。しかし、食事の取り方までは意識していないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 食事 ...

買い物弱者は健康のリスクが高い。国が推奨する対策とは?

近年、買物環境の悪化に見舞われる「買物弱者」と呼ばれる人の数が増えています。この問題は多くのリスクを含んでおり、その1つとして健康状態の悪化が指摘されています。 日々の買物は食事の充実や生きがい ...

世界糖尿病デーの重要なテーマに。女性が糖尿病に注意しなければいけない理由は?

11月14日は、「世界糖尿病デー」です。これは、インスリンを発見したカナダのバンディング博士の誕生日を由来としており、1991年にIDF(国際糖尿病連合)とWHO(世界保健機関)によって制定しました。 ...

特殊構造のマットレスが糖尿病の治療に期待。睡眠の質と症状の関係は?

寝具ブランドのひとつ、「東京西川」は自社商品である特殊構造のマットレスを用いた共同研究を行い、糖尿病予防につながる効果が期待できることを明らかにしました。この研究で得られた結果は、睡眠の質が糖尿病のリ ...

一覧に戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP