食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】親族に糖尿病の人がいるとかかりやすい?糖尿病と遺伝の関係は?

親族が糖尿病だと遺伝で自分も糖尿病になるのか、また自分が糖尿病だと子どもへの遺伝が心配だ、と不安に感じている人は多いのではないでしょうか。そこで、糖尿病は本当に遺伝するのか、糖尿病の遺伝性についてQ&A方式でまとめます。

Q1. 糖尿病は遺伝するのか?

A. 半分YESで、半分NO!

親や祖父母など親族に糖尿病の人がいると、そうでない人に比べて糖尿病になりやすいということは、厚生労働省の「健康日本21(糖尿病)」などの研究報告によりすでに明らかになっています。しかし、遺伝するのは「糖尿病」そのものではなく、「糖尿病になりやすい体質」であるということも知っておくべき大切な事実です。

糖尿病になりやすい体質の人は、確かに糖尿病を発症するリスクが高いと言えます。しかし、遺伝要因だけで発症するわけではなく、糖尿病の発症要因である環境因子(肥満、運動不足、ストレス、加齢など)も加わることではじめて糖尿病を発症すると考えられています。

そのため、「糖尿病は遺伝する」という答えは、半分は正解で半分は間違いなのです。

Q2.日本人が糖尿病になりやすいのは遺伝が関係している?

A. 日本人は2型糖尿病になりやすい遺伝的体質

1型糖尿病と2型糖尿病は、確率は違うものの、どちらにも遺伝因子の関与がいわれています。日本人は比較的2型糖尿病の割合が多く、糖尿病患者さんのうち95%は2型糖尿病です。
それには民族性が大きく関係することが、過去の研究などにより明らかになっています。

1型糖尿病は、発症原因がすべて明らかになっているわけではありません。発症の原因は、遺伝的要因に加え、ウイルス感染などがきっかけとなり自己免疫の異常が起こることと考えられています。
この1型糖尿病に関しては、欧米人と比較すると、日本人の発症頻度は十〜数十分の一と言われており、非常に低いという特徴があります。

一方、2型糖尿病は、日本の過去40年間の統計データと比較すると30〜50倍も増加しており、患者数を人口比にして欧米と比較すると1.5〜2倍になっていると考えられます。欧米人と比較すると、日本人は肥満も少なく、摂取カロリーも控えめであるのに、日本人に2型糖尿病が急増しているのは、日本人が2型糖尿病になりやすい体質を持っているからだという考えもあります。

その根拠となるのが、民族性。日本人はもともと農耕民族で、基本的に肉食よりも穀類中心の低脂肪食の生活を続けてきました。そのため、それほどインスリン分泌の必要がなく、インスリン分泌が少ない遺伝的体質だったのです。

しかし戦後、食生活の欧米化が進み、高カロリー・高脂肪食を摂るようになりやすく、日本人には肥満の人は少なくないはずです。さらに自動車や公共交通機関の発達により、運動不足が加速。糖尿病が激増したのは、もともとインスリン分泌が少なめである日本人の体質では適応できないほど、食習慣や生活習慣が激変したためではないかと考えられているのです。

Q3. 遺伝しやすい体質がどうかは検査でわかる?

A. 糖尿病の発症と関連する遺伝子を調べることは可能!

糖尿病になりやすい体質かどうかを知りたい場合、遺伝子を調べることは可能です。ただ、糖尿病の発症に関わっている遺伝子が見つかったからといって必ず糖尿病になるとは限りません。遺伝子検査の多くは保険適用外であり全額自己負担となるので注意が必要です。

最近では、医療機関を介さずに唾液の摂取のみで簡単に様々な遺伝子の検査を行える民間の遺伝子検査サービスも増えてきているので、それを利用するのも方法の一つです。

糖尿病は、遺伝だけでは決まらない。普段の生活習慣の見直しを

糖尿病というと生活習慣だけでなく、遺伝の影響も大きいのではないかと思われている方も多いのですが、遺伝するのは「糖尿病になりやすい体質」であって「糖尿病」そのものが遺伝するというわけではありません。したがって、家族歴があるからと必要以上に怖がる必要はありません。

また、家族歴がないからといって安心できるわけでもなく、普段からの予防や生活習慣の見直しが大切です。

糖尿病の早期発見、早期治療には、定期健診が大切です。人間ドッグや、会社の健康診断は必ず定期的に受診するようにしましょう。そして興味があれば民間の遺伝子検査サービスなどもうまく活用してみると良いかもしれません。

もし、健診で数値が悪かった場合や、遺伝子検査で糖尿病になりやすい体質だったと判定された場合には、糖尿病の発症を未然に防ぐために、普段の生活習慣を見直すようにしましょう。

糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

第7回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変