知ってる人は使ってる!糖尿病にも。ココナッツオイルのすごいパワー

糖の代謝を上げる。「インスリン抵抗性」を改善する働き

糖尿病は、血糖値を下げるホルモン「インスリン」の分泌が少なくなることや、効きが悪くなることで発症します。

インスリンの効きが悪くなり、糖の代謝機能が落ちることを「インスリン抵抗性」と言いますが、「インスリン抵抗性」は皮下脂肪や内臓脂肪が多い、つまり肥満の状態で起こりやすいと言われています。肥満が糖尿病の危険因子になるのはこのためです。

一般的なサラダオイルなどは、「多価不飽和脂肪酸」を多く含むことから糖尿病リスクを高めると言われていますが、ココナッツオイルには「中鎖脂肪酸」が豊富に含まれ、この「中鎖脂肪酸」がインスリン抵抗性を改善する働きがあると最近の研究で分かってきました。インスリン抵抗性が改善されれば、糖の代謝が上がり、余分な脂肪の蓄積を防いで肥満の予防・解消も見込めます。そのため、糖尿病ではないけれど、ダイエットをしているという方々にも注目されています。

その他にも、コレステロール値を下げる、便秘の改善、免疫力を高める、抗酸化作用でのアンチエイジングなど、たくさんの健康効果が期待できる優れたオイルなのです。

1 2 3

注目記事

もっと見る
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変