治療と予防コラム

糖尿病を患いながらも活躍!元Jリーガー杉山新さん

有名人の中にも糖尿病を患いながら、各界の最前線で活躍している方がいます。
今回は、元Jリーガーで16年間プロサッカー選手として活躍した杉山新さんをご紹介したいと思います。


プロとして活躍中の23歳で1型糖尿病を発症

杉山新選手は、柏ユースから1999年にトップユースに昇格、2003年にヴァンフォーレ甲府に移籍し活躍を続けてきました。
そんな杉山新選手が1型糖尿病を発症したのが、移籍した1年目の23歳のとき。


<1型糖尿病とは?>

糖尿病には、「1型糖尿病」「2型糖尿病」の2種類があります。日本の糖尿病患者さんのうち、9割以上が加齢や遺伝、生活習慣などが原因となって発症する「2型糖尿病」。一方で、「1型糖尿病」は、年間発症率が10万人あたり1~2人の稀な病気。小児期に発症することが多いため「小児糖尿病」と呼ばれることもありますが、杉山選手のように成人になってから発症する場合もあります。その原因は未だ全容が解明されておらず、自分の体の細胞を攻撃し破壊してしまう(1型糖尿病の場合は、血糖値を下げる働きのあるホルモン「インスリン」を分泌するすい臓のランゲルハンス島のβ細胞を破壊)自己免疫疾患と考えられています。


糖尿病の症状はさまざまですが、のどが渇く、水をたくさん飲む、おしっこの回数が増える、体がだるい、といった症状が現われることがあります。杉山選手もまさにそんな症状が原因で病院を転々とした結果、1型糖尿病が発覚したそうです。


一度は戦力外通告を受け、見事プロに復帰

スポーツ選手は、日々の体調管理は基本中の基本。
1型糖尿病は、インスリン注射や血糖測定などを、日常的に自分でおこなっていく必要があります。そんな中で杉山選手は一度戦力外通告を受けてしまいます。しかし、1型糖尿病と向き合い、スポーツ選手としての自分の体を見極めながら練習を続け、見事2カ月後にプロに復帰を果たしたのです。


16年間のサッカー選手生活にピリオド。指導者としての道へ

1型糖尿病と闘いながら、プロスポーツ選手を続けるのは並大抵のことではないでしょう。しかし杉山選手は16年間もの間、治療を続けながら活躍を続けました。2015年2月に引退が発表され、今後はサッカーを指導する立場として活躍をしていくそうです。


糖尿病だからといって夢を諦めることはない。食事や運動など規則正しい生活が大切

プロサッカー選手としての杉山選手を支えたのは、やはりサッカーが好きだという気持ちと、家族。また病気になったことにより、サッカーへの思いや周りの人々への感謝を大切にし、むしろそれまでよりも健康的な規則正しい生活を送るようになったとのこと。

栄養バランスのとれた食事、運動、また必要であればインスリン注射を正しく続けていけば、もし糖尿病を患ったとしても、杉山選手のように活躍することはできるのです。もちろん杉山選手の努力ははかり知ることができませんが、「夢を諦めることはない」という杉山選手の不屈の姿勢には勇気がもらえますね。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

糖尿病とうまくつきあう

糖尿病ニュース

座りっぱなしは健康への悪影響が!立ち上がって運動を

みなさんは1日の中でどのくらい座って過ごしていますか? 体をあまり動かさない座ったままの時間が長いと、血液がドロドロになり、動脈硬化が進みやすくなるおそれがあるという研究が発表されました。 詳 ...

健康的な生活は朝食から!動脈硬化の予防にもつながる!

忙しいとついつい抜いてしまいがちな朝食ですが、健康のためにはしっかり食べる事が重要です。 朝食を抜く習慣のある人は、朝食をしっかり食べる習慣のある人に比べ、動脈硬化を発症する可能性が2倍に高まるとい ...

その他の記事

座り過ぎは糖尿病リスクを高める!? 立って過ごす時間を増やそう

デスクワークの仕事が多い方の中には、1日のうち長時間を座って過ごしているという方も多いのではないでしょうか。しかし、座っている時間が健康に与える悪影響を指摘する研究も多く存在します。座っている時間が長 ...

早食いを改めることで糖尿病リスクが低下? 食事にかける時間と健康の関係

食事は健康を維持する上で重要な要素であり、栄養バランスのとれた食事は糖尿病の食事療法においても基本です。しかし、食事の取り方までは意識していないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 食事 ...

買い物弱者は健康のリスクが高い。国が推奨する対策とは?

近年、買物環境の悪化に見舞われる「買物弱者」と呼ばれる人の数が増えています。この問題は多くのリスクを含んでおり、その1つとして健康状態の悪化が指摘されています。 日々の買物は食事の充実や生きがい ...

世界糖尿病デーの重要なテーマに。女性が糖尿病に注意しなければいけない理由は?

11月14日は、「世界糖尿病デー」です。これは、インスリンを発見したカナダのバンディング博士の誕生日を由来としており、1991年にIDF(国際糖尿病連合)とWHO(世界保健機関)によって制定しました。 ...

特殊構造のマットレスが糖尿病の治療に期待。睡眠の質と症状の関係は?

寝具ブランドのひとつ、「東京西川」は自社商品である特殊構造のマットレスを用いた共同研究を行い、糖尿病予防につながる効果が期待できることを明らかにしました。この研究で得られた結果は、睡眠の質が糖尿病のリ ...

東京都が新ガイドラインを策定。健康寿命を延ばす12か条とは?

高齢化が進む昨今、高齢でも健康的な生活を送ることができる「健康寿命」が、以前にも増して重要な課題となっています。こうした状況の中、東京都健康長寿医療センターは、長年にわたる疫学研究の成果を元に、健康寿 ...

一覧に戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP