治療と予防コラム

糖尿病予防のための血糖関連サプリの種類と注意点

supplement

最近では、血糖値を下げることができるサプリがいろいろと販売されています。
それにはどんなものがあり、本当に有用なのか、利用する際に注意しなくてはいけないことはあるのか、など気になるサプリについて紹介していきます。


血糖値が下げられるサプリにはどんなものがあるのか?


tokuho

血糖値が下げられるサプリについては、その有効性と安全性について理解することが大切です。


血糖を下げるのに有用であるとして消費者庁からその旨の表示を許可されてる食品が「特定保健用食品(トクホ)」です。
これは糖尿病予備軍の方などを対象に臨床試験を行った結果、それらの摂取によって血糖値を抑えることに有用であると判断され、「糖の吸収をおだやかにするので、食後の血糖値が気になる方に適しています。」などの表示が許可されているものです。


「特定保健用食品(トクホ)」として商品化されているものには、難消化性デキストリンを配合した緑茶飲料をはじめ、L-アラビノース、グァバ葉ポリフェノール、小麦アルブミン、豆鼓(とうち)エキスなどを配合したサプリメント、粉末清涼飲料、乾燥スープ、乾燥めん、テーブルシュガー(L-アラビノース)等があります。
どれも基本的には糖を分解する酵素の働きを抑えて、食後の血糖上昇を抑える働きがあります。


特定保健用食品は、医薬品とは違い食品であり、茶系飲料や乾燥スープ、米菓、テーブルシュガー、乾燥麺といった普通の食品やサプリメントの形態で販売されています。
サプリメントは、タブレット・カプセルタイプなどがありますが、考え方としてはサプリメントも食品という扱いになるため、原則的には医薬品のように食前・食後などときっちり飲む時間に指定があるものはありません。
ただしそれぞれの商品では、最もおすすめの飲み方がパッケージやカタログなどに書かれていますので、それを参考にするようにしましょう。


サプリだけで糖尿病は予防できるのか?

臨床データもあり、消費者庁から「糖の吸収をおだやかにするので、食後の血糖値が気になる方に適しています。」あるいは、「血糖値が気になりだした方に適しています」というような表示を許可されている特定保健用食品のサプリですが、これさえ飲んでいれば血糖は大丈夫というものではありません。


私たちが炭水化物を含む食事を摂ると、消化酵素により分解されて糖(グルコース)として吸収され、一時的に血液中に糖の量が増えます。
また炭水化物の摂取量が多いほど、血液中の糖の量が増えた状態が続き、慢性的な高血糖の状態になりやすくなります。


特定保健用食品のサプリは、食後の高血糖を抑えることはできますが、あくまで補助的なものです。
当然、血糖は炭水化物を多く摂ると上昇するので、一番大事なのは食事から摂取する炭水化物等が過多にならないようにすることです。


食後の高血糖を抑えることは、糖尿病の合併症の発症のリスクを少なくできる可能性があると言えますが、現段階では、特定保健用食品のサプリは、糖尿病や糖尿病予防に直接的に効果がある、というものではありません。
あくまでも基本は食事療法でカロリーや糖質の摂りすぎに注意し、その上で補助的に利用するようにしましょう。


「特定保健用食品(トクホ)」のサプリを服用するときの注意点は?


supplement2

特定保健用食品は、食後の血糖値の上昇を抑えるものであり、糖尿病の治療や予防の基本は食事療法や運動療法になります。
製品にも記載されていますが、サプリは糖尿病等の疾病を治癒するものではありません。
血糖値が気になり始めた人の食生活を改善サポートするために利用するものです。
またサプリは糖の吸収を抑えることで食後の血糖上昇を抑制するもので、健康な人が飲んでも特に問題ありません。


ただ、すでに糖尿病の治療を受けている場合や、血糖値の異常を指摘されている方は、処方されている薬との相互作用があるケースもあるので、サプリの服用は医師や管理栄養士に相談することをおすすめします。


また、特定保健用食品のサプリは、1日目安量として適した量が設定され、臨床試験もこの目安量に則って行われています。
多く摂れば摂るほど良いというものではありません。


そして一番いけないのが、食後の糖の吸収が抑えられるからといって、食事から糖質を過多に摂ってしまうことです。
当然ながら、サプリで対応しきれない糖質の量を摂取してしまうと、食後の血糖はどんどん上昇し、糖尿病のリスクも上がってしまいます。


食事療法の補助として利用する サプリメントへの頼りすぎは厳禁


eating

サプリメントの中でも、特定保健用食品は臨床試験データもありエビデンスもしっかりしていますが、あくまでも摂った糖質が分解されるのを抑え、吸収スピードを緩やかにすることで、食後の血糖上昇を抑えるものです。
つまり摂取する糖質の量が多ければ、それに比例して血糖が上昇し高血糖になってしまいます。

糖尿病のケアは、食事療法・運動療法をベースに、様子をみて薬物療法などが組み合わせられますが、サプリについては食事療法をサポートするためのもので、あくまでも食事療法を補助する目的のものとして上手に取り入れましょう。




出典について

現在、特定保健用食品申請に係る申請書作成上の留意事項(案)が示され、行政で議論が行われていますが、その議論の場で「案」に対する資料が提示されています。
それによると、これまでの既許可品の審査過程において蓄積した考え方が示されています。


つまり、現在はこれに基づいて審査されていると言い換えることができるかと思います。
血糖に関してはp17に記載があります。

http://www.cao.go.jp/consumer/kabusoshiki/shinkaihatu/doc/140319_shiryou3.pdf (2014年3月19日現在)

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

糖尿病とうまくつきあう

糖尿病ニュース

座りっぱなしは健康への悪影響が!立ち上がって運動を

みなさんは1日の中でどのくらい座って過ごしていますか? 体をあまり動かさない座ったままの時間が長いと、血液がドロドロになり、動脈硬化が進みやすくなるおそれがあるという研究が発表されました。 詳 ...

健康的な生活は朝食から!動脈硬化の予防にもつながる!

忙しいとついつい抜いてしまいがちな朝食ですが、健康のためにはしっかり食べる事が重要です。 朝食を抜く習慣のある人は、朝食をしっかり食べる習慣のある人に比べ、動脈硬化を発症する可能性が2倍に高まるとい ...

その他の記事

適切な治療を阻む残薬問題。糖尿病との関わりは?

近年では、患者さんが多くの薬を飲み残す「残薬」が、適切な治療や医療費の削減等の観点から問題視されています。 2017年11月14日、日本イーライリリー株式会社(以下、日本イーライリリー)は2型糖 ...

座り過ぎは糖尿病リスクを高める!? 立って過ごす時間を増やそう

デスクワークの仕事が多い方の中には、1日のうち長時間を座って過ごしているという方も多いのではないでしょうか。しかし、座っている時間が健康に与える悪影響を指摘する研究も多く存在します。座っている時間が長 ...

早食いを改めることで糖尿病リスクが低下? 食事にかける時間と健康の関係

食事は健康を維持する上で重要な要素であり、栄養バランスのとれた食事は糖尿病の食事療法においても基本です。しかし、食事の取り方までは意識していないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 食事 ...

買い物弱者は健康のリスクが高い。国が推奨する対策とは?

近年、買物環境の悪化に見舞われる「買物弱者」と呼ばれる人の数が増えています。この問題は多くのリスクを含んでおり、その1つとして健康状態の悪化が指摘されています。 日々の買物は食事の充実や生きがい ...

世界糖尿病デーの重要なテーマに。女性が糖尿病に注意しなければいけない理由は?

11月14日は、「世界糖尿病デー」です。これは、インスリンを発見したカナダのバンディング博士の誕生日を由来としており、1991年にIDF(国際糖尿病連合)とWHO(世界保健機関)によって制定しました。 ...

特殊構造のマットレスが糖尿病の治療に期待。睡眠の質と症状の関係は?

寝具ブランドのひとつ、「東京西川」は自社商品である特殊構造のマットレスを用いた共同研究を行い、糖尿病予防につながる効果が期待できることを明らかにしました。この研究で得られた結果は、睡眠の質が糖尿病のリ ...

一覧に戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP