治療と予防コラム

糖尿病で足切断はイヤ!糖尿病壊疽予防のために習慣づけたいこと

さまざまな合併症を招く糖尿病。
できた傷が治らずに潰瘍化してしまう「壊疽」(えそ)もそのひとつですが、最悪の場合「下肢切断」を余儀なくされることもあるので軽視できません。


今回は、糖尿病壊疽を起こさないためにどうすればいいのかを見ていきたいと思います。


小さな異常が大ごとに?!足を中心にこまめなチェックを

靴擦れや爪切りでうっかり作ってしまった傷。
これらの傷は、通常は消毒や塗り薬、あるいは放っておいても徐々に治っていくものです。
しかし、糖尿病が背景にある場合は、傷がなかなか治らず悪化させてしまうことも多々あります。
これは一体どうしてなのでしょうか。


糖尿病によって高血糖状態が続くと、神経や血管にダメージを与え、神経障害や血管障害を引き起こします。
まず神経障害によって知覚が鈍くなっているため、靴擦れなどの傷に気づきにくく、処置が遅れがちになります。加えて血管障害のため、特に血管の細い足先には血液が届きにくくなり、末端の組織まで栄養が行き渡らず栄養不足となって傷の治りが遅くなります。


また、高血糖により免疫反応が低下しているため、感染症を招きやすく治りにくいという問題もあります。
糖尿病を患っているとこれらの要因が重なって、小さな傷から潰瘍そして壊疽を起こしやすい状態にあるのです。


糖尿病患者さんは、このような状況が起こりやすいことを自覚し、日々の予防に努めたいものです。
そのための具体策をいくつかご紹介します。


糖尿病壊疽が起こる部位は、下肢が圧倒的に多いです。
足は普段靴を履いているため蒸れやすく清潔を保ちにくいという点、目が届きにくい場所にあるので異常の早期発見が遅れがちだという点が、足の壊疽を引き起こす大きな要因です。


壊疽の予防のためには、小さな傷がないかなど足の状態をチェックする習慣を身に付けたいものです。
お風呂の時など時間を決めると続けやすいので、ぜひ今日から始めてみましょう。


足観察のチェックポイントは以下の通りです。
□足に傷や火傷、皮剥けはないか。
□タコ・イボ・ウオノメはできていないか。
□潰瘍になっている場所はないか。
□水虫はできていないか。
□ひび割れはないか。
□足先の冷感や皮膚の変色はないか。
□足の指が変形していないか。


その他にも、糖尿病による末梢神経障害も壊疽を招く大きな要因です。
神経の麻痺により痛みを感じにくくなることで、傷を知らず知らずのうちに悪化させやすいからです。
下のような症状がある場合は、糖尿病神経障害の可能性がありますので、早めに医師に相談しましょう。
□安静時に足がよくつるようになった。
□足首より先にしびれた感じがある。
□歩きにくい。
□太ももにジンジンした感覚がある。


気付いた症状の自己判断は禁物、早めに医師の診察を

足の観察を続けていると、異常に気付く場面があるかもしれません。
傷口はぬるま湯で優しく洗って消毒し、清潔なガーゼで保護しておきましょう。
タコ・ウオノメも、擦れることで傷を作る可能性があるので、清潔なガーゼで保護しておきます。


糖尿病が背景にある場合は、小さな傷が重症化してしまうこともあるので油断は禁物。
ちょっとしたことでも医師の診察を受けることをおすすめします。


またタコ・ウオノメや水虫のための市販薬が出ていますが、決して自己診断で治療せず、受診してきちんと治療を受けましょう。
タコやウオノメをやすりで削る方がいますが、これは足に傷を作りやすいので禁物です。


糖尿病壊疽予防のためには、血糖コントロール・傷予防・清潔を保つ

壊疽は一度起こしてしまうと治療が困難なことが多いため、予防が何よりも重要です。
では、壊疽予防のためには、具体的にどのようなことをすればいいのでしょうか?


まずやはり大切なのは、食事や運動による血糖のコントロールです。
糖尿病性壊疽の大きな原因となる神経障害・血管障害は、慢性的に高血糖状態が続いている患者さんに起こります高血糖状態では免疫反応低下のため感染症にかかりやすい状態であることも悪影響を及ぼします。
日々の生活できちんと血糖コントロールを行い、定期的な受診も欠かさないようにしましょう。


足に傷を作らないこともとても重要です。
爪を切るときは深爪にならないよう注意。つめやすりを使うと安全です。
これから暑くなると靴下を脱ぎたくなりますが、素足で靴やサンダルをはくのは望ましくありません。
足の保護のためにも、まず靴下をはくようにしましょう。
靴下や靴は皮膚が擦れないようきつくないものを選びましょう。


また冬場になると、コタツや電気毛布で知らず知らずの間にやけどをしていた・・という糖尿病患者さんがいます。
神経障害により知覚が鈍くなっているため、やけどをしていても気付きにくいためです。
しかし、やけども壊疽を招く大きな原因となり得るので要注意。なるべくこれらの電気製品は使わず、エアコンや衣類で温度調節をするのが望ましいでしょう。


また、清潔を保つことも重要な予防策です。足は蒸れやすく不潔になりやすい部位なので、特に意識して清潔を保つようにしたいものです。
靴下はこまめに交換し、一日1回は足を洗うようにします。
ひび割れがあれば、クリームなどでこまめに保湿しておきましょう。


壊疽予防と早めの対策でいきいきと元気な毎日を送ろう

糖尿病壊疽は、皮膚にできたちょっとした傷が悪化し、潰瘍化することで起こる合併症です。
壊疽により最悪下肢切断となった場合、当然ながら日常生活面で大きな不便が生じます。


また、下肢切断の術後は心血管障害や感染症を発症するリスクが高いと言われており、全身への悪影響が懸念されます。
血糖値をはじめとした体調コントロールや、足の清潔・傷予防に日頃から心がけ、いきいきと生活が送れるようにしたいものですね。


そして決して忘れてはならないのは、自己判断や放置は禁物だということ。
糖尿病壊疽は、最初は小さな傷から始まるケースも多いのです。
ちょっとでも気付いたことがあれば、放っておかず早めに医師の診察を受けましょう。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑のサラナ」

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

糖尿病になりやすいのはどこの国の人でしょう?
1. 日本
2. アメリカ
3. オランダ

糖尿病とうまくつきあう

糖尿病ニュース

座りっぱなしは健康への悪影響が!立ち上がって運動を

みなさんは1日の中でどのくらい座って過ごしていますか? 体をあまり動かさない座ったままの時間が長いと、血液がドロドロになり、動脈硬化が進みやすくなるおそれがあるという研究が発表されました。 詳 ...

健康的な生活は朝食から!動脈硬化の予防にもつながる!

忙しいとついつい抜いてしまいがちな朝食ですが、健康のためにはしっかり食べる事が重要です。 朝食を抜く習慣のある人は、朝食をしっかり食べる習慣のある人に比べ、動脈硬化を発症する可能性が2倍に高まるとい ...

その他の記事

座り過ぎは糖尿病リスクを高める!? 立って過ごす時間を増やそう

デスクワークの仕事が多い方の中には、1日のうち長時間を座って過ごしているという方も多いのではないでしょうか。しかし、座っている時間が健康に与える悪影響を指摘する研究も多く存在します。座っている時間が長 ...

早食いを改めることで糖尿病リスクが低下? 食事にかける時間と健康の関係

食事は健康を維持する上で重要な要素であり、栄養バランスのとれた食事は糖尿病の食事療法においても基本です。しかし、食事の取り方までは意識していないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 食事 ...

買い物弱者は健康のリスクが高い。国が推奨する対策とは?

近年、買物環境の悪化に見舞われる「買物弱者」と呼ばれる人の数が増えています。この問題は多くのリスクを含んでおり、その1つとして健康状態の悪化が指摘されています。 日々の買物は食事の充実や生きがい ...

世界糖尿病デーの重要なテーマに。女性が糖尿病に注意しなければいけない理由は?

11月14日は、「世界糖尿病デー」です。これは、インスリンを発見したカナダのバンディング博士の誕生日を由来としており、1991年にIDF(国際糖尿病連合)とWHO(世界保健機関)によって制定しました。 ...

特殊構造のマットレスが糖尿病の治療に期待。睡眠の質と症状の関係は?

寝具ブランドのひとつ、「東京西川」は自社商品である特殊構造のマットレスを用いた共同研究を行い、糖尿病予防につながる効果が期待できることを明らかにしました。この研究で得られた結果は、睡眠の質が糖尿病のリ ...

東京都が新ガイドラインを策定。健康寿命を延ばす12か条とは?

高齢化が進む昨今、高齢でも健康的な生活を送ることができる「健康寿命」が、以前にも増して重要な課題となっています。こうした状況の中、東京都健康長寿医療センターは、長年にわたる疫学研究の成果を元に、健康寿 ...

一覧に戻る

Facebook始めました!レシピ集更新中!
レシピ集

糖尿病ニュース

糖尿病になりました

PAGETOP