食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

厚生労働省の糖尿病対策「糖尿病性腎症重症化予防プログラム」の内容とは?

糖尿病患者さんはプログラムのチェックを

厚生労働省はこの2つの地方自治体の取り組みを参考に、「明確な対象者の抽出」「都道府県の糖尿病対策推進会議との連携」「かかりつけ医との連携」「専門職による保健指導の実施」などといった点を重視して個別プログラムの策定を行いました。

こうして策定された糖尿病性腎症重症化予防プログラムは、糖尿病患者さんそれぞれの状況に応じた受診勧奨と、保健指導を柔軟に進めることに重点を置いています。

このような全体的な取り組みは今までにない規模のものであり、国や地方自治体が今後の糖尿病患者さんの改善や重症化予防に力を入れていることがうかがえます。

現時点では厚生労働省と日本医師会、日本糖尿病対策推進会議が連携協定を締結し、プログラムを全国に広げるための体制作りを進めています。

糖尿病性腎症重症化予防プログラムの利用によって、症状の治療が効率的に行えるようになることが期待されています。患者さんはプログラムの内容を確認し、かかりつけ医や自治体などの協力を受けられるように備えておくことをおすすめします。

ようやく動き出した全国的な取り組みによって、日本の糖尿病をめぐる状況にも改善が期待できそうです。しかし何よりも大切なのは、患者さんが自身の病状を自覚し、積極的に治療に臨むことです。このプログラムも手段の1つとして、糖尿病の治療を続けましょう。

参照・参考
厚生労働省│糖尿病性腎症重症化予防プログラム
厚生労働省│平成24年「国民健康・栄養調査」の結果
厚生労働省│平成26年度 国民医療費の概況
厚生労働省│糖尿病性腎症重症化予防の更なる展開に向けて
J-STAGE│日本ヘルスサポート学会年報
日本ヘルスサポート学会│呉市糖尿病性腎症等重症化予防事業について

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します

アンケート結果をみる

1 2 3

効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防
効果が高いのは薬?生活習慣?【図解】比べてみよう!効果的な糖尿病予防

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病クイズ 〜あなたはどのくらい知っている?〜

糖尿病QUIZ!(基礎知識編)

血糖値を下げる働きをもつホルモンは「インスリン」、では血糖値を上げる働きをもつホルモンは何でしょう?
1. ドーパミン
2. グルカゴン
3. グレリン

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

糖尿病ニュース

もっと見る

最新記事

食事で予防

もっと見る

カロリー制限で治療と予防

もっと見る

運動で治療と予防

もっと見る

生活習慣で予防

もっと見る

治療と予防コラム

もっと見る

おでかけして予防

もっと見る
合併症 症状 糖尿病 足病変
×BannerBanner